Sweets Decoration

This summer, I found that there is a hobby named “sweets decoration.” I have no idea whether English speakers can understand the word “sweets decoration”. As my understanding, it is a hobby to make fake sweet or fruit parts and make something with them, such an ornament, accessory, charm and so on. There are many related books at the hobby corner in book stores. I am not so interested in such fancy goods. But girls, my nieces may like them. So I checked them, and got two books. The author is a famous blogger. These few days, I eagerly read her web log and books. I began to wonder whether I want to do some “sweets decolations”.

この夏、ふとしたことがきっかけで、スイーツデコという趣味があることを知りました。そういうものがあると知った上で本屋さんの手芸本コーナーに行ったらば、関連本がたくさん並んでいました。おお、知らなかったのは私だけなのね。私自身は、マカロンとかチョコレートを身につけたいとか、部屋に飾りたいとかっていうファンシーな趣味はないのですが、女の子たち(要するに姪っ子たち)はこういうの好きだろうなぁと思います。それで、100円グッズではじめられるというスイーツデコの本を買ってみました。著者の方は、有名なブロガーさんです。ここ数日、このブロガーさんのブログと本を熱心に読みふけっています。ファンシーな趣味はないとか言いつつ、私ったら本当はやってみたいのかしら。。。

100円グッズでスイーツデコ (別冊すてきな奥さん)
永高 真寿美
主婦と生活社 (2010-11-26)
売り上げランキング: 4,711
100円グッズでスイーツデコ2 (別冊すてきな奥さん)
永高 真寿美
主婦と生活社 (2011-11-17)
売り上げランキング: 10,366
広告

Flowers

arrangements/とってもゴージャスなアレンジできましたMy nieces and I arranged preserved and artificial flowers, during their summer staying. I have done the arrangement just once at a culture center. At that time, I didn’t get much interesting in preserved flowers. I felt sorry flowers dyeing artificially. But, when the elder niece wanted to do arrangements with preserved flowers, I happily prepared various materials and was taught basic techniques from a friend. We enjoyed the arrangements. I secretly thought that the key was no-cost-consciousness. This is a secret.

姪っ子たちが泊まりにきている間に、プリザーブドフラワーをしました。私は以前に 1 回だけカルチャーセンターみたいなところで、小さなアレンジを作ったことがあるのですが、その時には正直、特別な興味はわきませんでした。人工的に色を抜いてまた染めて乾かすなんて、花がかわいそうなような気もしたのでした。でも、お姉ちゃんのほうの姪っ子がやってみたいと言ったときには、いそいそと材料を集めて、ちゃんと習ったことのある友だちに基本的なやり方を教えてもらいました(子供のいないおばちゃんなんてそんなもの)。そして、結局、姪っ子たちと楽しくアレンジメント作りをしました(私の役目は、1 年生の姪っ子がココロのおもむくままに目立つお花を挿したところをなんとか仕上げる、というもので、初心者には難易度の高いものでした)。アレンジメント作りはなかなか楽しかったですが、私は密かに、楽しむコツはコストを意識しないことだと学びました。ま、このことは姪っ子には内緒ですけどね。

ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック
ジョハンナ・バスフォード
グラフィック社
売り上げランキング: 69,801

Related the keywords “secret” and “flowers”… I found a nice book. It’s “Secret Garden: An Inky Treasure Hunt and Coloring Book” by Johanna Basford. It is really really luxurious.

「秘密」、「花」つながりで、、、とっても素敵な本を見つけました。ジョハンナ・バスフォードさんという人の『ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック』。とってもとってもゴージャスな塗り絵です。


Polar Bear Bag

polar bear bag/白クマさんバッグbackside of the face/顔の裏側inside/内側It’s deep autumn before I was aware. Dog woods trees have turned into red. Let’s go outside, under the clear sky. While murmuring that to myself, I returned my knitting life. As a starter, I made a small bag for my little niece. This late summer, she asked me a knitted bag as this Chiristmas gift. For her, who still loves polor bears, I made a polar-bear-face-shaped bag with the pale blue yarn with which I made a polar bear for her last year. The pattern is my original. In this project, I did my best to do lining the bag. The lining cloth was bought at a HOBBYRA HOBBYRE.

気付かぬうちに、すっかり秋ですね。久しぶりに外にでたらハナミズキの葉っぱが赤く色づいていてびっくりしました。もっと外に出てさわやかな空の下ですごさなくちゃ、なんてつぶやきつつ、編み物生活再開しました。(編みかけの夏物のことはとりあえず忘れて、)手始めに、姪っ子に頼まれていたバッグを編みました。夏の終わりぐらいに、今年のクリスマスにはバッグを編んでねと頼まれていたのです。姪っ子は去年にひきつづき白クマさん好きなので、バッグの形も白クマさんにしてみました(正確には水色くまさん)。糸は、去年編みぐるみを編んだときの残りです。パターンは「てきとう」。いつもは失速してしまうのですが、今回はがんばってがんばって裏地も付けました。裏地だってホビーラホビーレで買っちゃったし、おばちゃん、がんばったよー。


Old Swatches

お久しぶりの更新です。ブログの更新ってちょっとさぼると、ずるずるとさぼり続けてしまうものですね。いけないいけない。

rain season started/雨の季節になりましたAbout 10 days ago, I cleaned up the cabinet that was stuffed with my things, and discovered old swatches and knitting notes. They were made before I started my weblog and when I was unemployed. So I had more time, made swatches more carefully, blocked them, and made notes finely. Now, I make the most minimum swatch, check its tension and then, usually, unravel it to save yarn. The right photo is one of my knitting notes. It is a pattern for my little niece’s vest. She had been just born at that time. I did embroidery the cat on the back body. Her body was very small, and the numbers of sts and rows were few It was hard to draw a cat on such a small canvas. She will be an elementary school child next spring. How time flies!

old swatches/昔のスワッチa cat/ネコさん10 日ぐらい前、私のがらくたばかりが詰まっていた戸棚を整理して、昔のスワッチとか編み物メモが発掘されました。まだブログを始める前のもので、そのころ私は失業していたこともあって、時間だけはあったので、今よりも丁寧にスワッチを編んで、アイロンがけまでしちゃって、編み物メモも丁寧につけられていました。今となっては、スワッチなんか必要最低限編んで、ゲージをチェックしたらすぐにほどいて使っちゃっています。糸がもったいないし。(昔は、たた&たたおさんのところで学んだ「スワッチはとっておいて、作品を編み進めながらときどきさわってチェックする」というのを実践していたというのに!) 右側の写真は、当時生まれたばかりだった 2 番目の姪っ子の胴着の後ろ身頃の図案です。編みこみはできないので、メリヤス刺しゅうしたのですが、目数も段数も少なくてネコさんの形にするのに苦労したなぁ。そんなちっちゃかった姪っ子も次の春には 1 年生です。いやはや、光陰矢のごとし、ですね。


S’s Vest Completed

completed!/完成!FINALLY the “S’s Vest” project has been completed. The finishing work took long time as usual. I am not good at blocking or sewing buttons. Knitting Notes; Pattearn: “#09 Kids Vest”from “Simple and Cute Kids Knit” by Nihon Vogue. Yarn:Rowan Wool Cotton, color number 957, total 180g. Needle: Japanese size 5 and 6. Others: 11 shell buttons from Takashima. Gauge: 18.5sts/10cm. Size: 130cm tall size. Modification: In order to reach the instructed length, added 6rows under the arm, added 2 rows above the arm. Picked up 77 sts for the front edges. I made 6 buttonholes and attached 5 buttons on the buttonhole side edge for decolation.

ようやく S ちゃんの前開きベストが完成しました。いつもながら最後のとじはぎ段階にくると失速します。ブロッキングとかボタンつけとか苦行です。さて、編み物メモです。パターン 日本ヴォーグ社『シンプルでかわいいキッズニット』の #9 番目のベスト(表紙のベスト)。使用糸:ローワンのウールコットン。色番957。赤というよりエンジ色です。トータルで180g使用。使用針:日本の棒針 5 号と 6 号。その他:Takashima という通販のボタン屋さんで買った貝ボタン 11 個。ゲージ:10cmで18.5目(指定ゲージは18目)。サイズ:身長 130 cm のパターンを使用。S ちゃんは背は高いけどやせているので目数はそのまま。長さを合わせるために脇の下に 6 段、袖ぐりに 2 段追加。前立てからは 77 拾い目しました。ボタンホールは 6 個、ボタンホール側に飾りボタンを 5 個付けました。

buttons on both sides/両前立てにボタン付けましたsequence buttons/ずらりと並んだボタンRowan Wool Cotton is said to be for three seasons. It may be too warm for Japanese humid late spring. The pattern’s cutest point is the sequence shell buttons. So, I governed my desire to do some fancy work. I hope that S would like it and wear from this autumn.

ローワンのウールコットンは、3 シーズン OK と言われているようですが、もしかすると、湿気の多い日本の晩春には暖かすぎるかもしれません。それと、このパターンは何度考えても前立てにずらりとならんだ貝ボタンがかわいいポイントなので、お花のアップリケを付けるとか、動物の形の刺しゅうをするとか、そういった欲求は封印しました。S ちゃんが気にいってくれて、秋ぐらいから着てくれるといいなと思います。黒いネコさん、無事に S ちゃんのところに届けてね。


Shell Buttons

I got buttons/ボタンを買いましたFor S’s buttoned vest project, I got buttons. The more I looked the pattern photo, the more I became aware that the cutest point of the pattern is the array of buttons. I should carefully select buttons. The original are oval shell buttons. I got circle dyed buttons made of pearl oyster from a online shop Takashima. The color name is macaroon color “framboise” that is one of the original colors of the shop. I also got other colors “dark blue” and “apricot” for future projects. The buttons arrived today. They are pretty good as I expected. The whiter buttons may be good for the vest. I would like to go the real shop which is at Asakusa-Bashi.

framboise color/フランボワーズ色S ちゃんの前開きベストのボタンを買いました。パターンの写真を見れば見るほど、このパターンの可愛いポイントはやっぱり前立てにずらりと並んだボタンなんじゃないかと思えてきました。ボタンは慎重に選ばねば。オリジナルでは楕円形の貝ボタンを使っています。私はネットで見つけたタカシマという貝ボタンのお店から丸型の染めボタンを買ってみました(世の中には貝ボタン専門店なるものもあるんですね!)。アコヤ貝でできているそうです。色の名前はお店オリジナルのマカロンカラー「フランボワーズ」というのにしてみました。他にも「ダークブルー」と「アプリコット」をちょこっと、”未来のプロジェクト” のために。メール便で本日到着。画面でみたとおり、なかなかいい感じです。欲を言えば、もうちょっと白っぽいボタンにすればよかったかもしれないですが。このボタン屋さんは浅草橋にあるそうです。行ってみたいなー(そして “未来のプロジェクト” 用のボタンが増えると)。


S’s Vest In Progress

in progress/進行中For S’s buttoned vest project, I finished the back body and knitted half of the right front body. Knitting for little children is smooth and fun. In this project I am using pointed needles after a long time. They are fresh and nice. With a circular needle, we knit in spiral. Sometimes I miss horizontal kniting. I tend to k slightly loosely, and p slightly tightly. So, with pointed needles, I can get tidier sts … I think.

S ちゃんの前開きベストは、後ろ身頃が終わって右前身ごろが半分までできました。小さい子用の編み物ってどんどん進むから楽しい。今回は、久しぶりに普通の棒針(輪針じゃないほう)を使っています。久しぶりに使うとなんだか新鮮でいい感じ。輪針で編むと、編み地がらせん状になりますが、ときどきまっすぐな編み地が恋しくなります。私は、表編みがちょっとゆるくて、裏編みがちょっときついみたいで、往復編みしたほうが最終的にきちんとした編み地になる・・・ような気がします。

And my pointed needles are Hamanaka’s normal ones. I got them several years ago. Using them now, I was amazed that they still have their size numbers on their heads. While most of my Symphoney Wood needles, that I got 6 months ago, lost their size numbers. Their numbers were lost in knitting! Hamanaka knitting tools are always there. I forgot their usefulness. By the way I want a tool, with which I can measure a needle size. What can I call that tool?

私の棒針は何年も前に買った、ハマナカの普通やつですが、今でも頭(棒針の先じゃないほう)にくっきりと針のサイズが読み取れます。半年前に入手したシンフォニーウッドの付け替えセットの針はほとんどサイズが消えちゃっています。編んでいる間にこすれて消えてしまったのですが、だらしのない私はなんだかもうわけが分からなくなりつつあります。ハマナカのお道具はいつも身近にあるものなので、忘れちゃっていますが、なかなかにスグレモノなのかも。サイズが分からなくなりつつある付け替え針ちゃんたちのために、針のサイズが分かるお道具を入手しないといけないと思うのですが、そういうことができるのって、何と言う道具なんでしょうか?