Think Twice

So typical, a cat on your reading newspapers.

新聞を広げたらネコ、のお約束。

Nyanku on my reading/わざわざ新聞の上に乗るにゃんくさん

I still read web logs and the books about “sweets decoration.” There are various clays. Some of them turns into glass-like, whipped-cream-like, or jewelry-like. Some needs to be baked using an oven. I want to use them. Coloring clays seems to be fun, too. I want to make various colors with basic color paints. And also, there are many tips about making clay sweets on the internet. I want to make fruits, candies, cookies, chocolates, and so on. But thinking twice, I found; apparently, I just want to work clays. Because, I do not want to wait long time to dry my works. For me, it is a pain to bond those clay parts. My clay works will be useless objects. This is not the “sweets decoration.” Do you think that this is similar something? Yes, it is just like … I like just knitting and do not like sewing and finishing. Nooo. So, becoming a hobbyist again, I restarted knitting.

引き続き、スイーツデコレーション関係のブログやら本を眺めています。世の中にはいろいろな種類の粘土があるんですね。ガラスみたいに透明になったり、ホイップクリーム状だったり、きらきらアクセサリーのパーツになったり。オーブンで焼くものもあるんですね。いじってみたい! 粘土に色付けするのも楽しそうですね。基本的な色から、いろんな色を作ってみたい。ああ、そしてネット上には粘土スイーツのページが山ほどあって、作り方もたくさん公開されているんですね。果物とか、飴ちゃんとか、クッキーとか、チョコレートとか。作ってみたい!! しかーし、大人な私は(時間と場所に限りがある私というべきか)よおく考えます。そして、私がやってみたいことはどうやら粘土をいじるところまでだということに、気付くのです。粘土でつくった部品が乾くまで待つのはイヤだし、出来上がった部品をボンドでくっつけて組み立てるのは面倒くさそう。部品を作っただけで満足して放置しそう。。。うーん、これじゃ「スイーツデコレーション」じゃない。これって何かに似てる。。。そうです。編み物と同じです。編むところは好きなんだけど、綴じ剝ぎや仕上げ苦手。だめじゃん。 そんなわけで、(どんなわけだ? ホビー熱復活?)、少しずつ編み物生活再開しました。リラックスの前身ごろがもうすぐできそうです(^^


Got the Hand Dyed Yarn

with leavesIt’s April. Sakura flowers and leaves are together. The flowers are almost out of blooms but still beautiful. Following SomeiYoshino (general sakura flowers), double cherry blossoms are in bloom. It is deep spring. My Relax pullover project progressed to the almost half point. I completed the front-body part. I do want to wear the pullover this season. I am trying my best…

あっという間に4月です。葉桜になってしまったとはいえ、久しぶりの青空の下で、まだまだ桜もキレイです。八重桜も咲きだしました。春ですねぇ。私の Relax は “気分的に” だいたい半分まで進みました。前身ごろを編み終わったところです。今シーズンに着たいので、引き続きがんばります。

front body, RelaxYesterday, I received Caper Sock from String Theory, via Yarnaholic. They are beautiful! I chose Carina color. In night the color looked shading dark gray. In day, under the natural light, it looks mixed green or yellow. The only hand-dyed yarns could look like that. I am impressed. At first I intended to use this yarns for another Relax pull. But now, I will use them for a cardigan for my husband who likes “unfortunately” high-gaged knitting. The yarn will be a high-gauged, and thanks to the complicated color, I won’t get bored with a big project… maybe.

Caper Sock (Carina)さて、昨日はヤーナホリックさんから、String Theory の Caper Sock が届きました。美しいです。色は Carina です。夜見たときには濃淡のあるダークグレーに見えたのですが、お昼間、自然光の下で見ると緑というか黄色というか、そういう色が混じっているようにも見えます。さすが「はんどだいど」ですね。感動です。最初は、この糸で Relax をもう 1 枚編もうと思っていたのですが、やっぱりやめて(メリヤス砂漠に迷いそうなので)、オットのカーディガンでも編もうかな。オットは「ざくざく編んであるのより、細い糸できっちり編んであるやつがいい」なんて発言をさくっとしてくれちゃう、ハイゲージ好き(でも、「編ませていただく」以上文句はいえない)。きっと気に入るでしょう。そして、私も、この糸なら飽きずに大な着るものを編めそうです。。。たぶんね。


Current Project: My Own Pullover

compared with a tissues-box

compared with a tissues-box

I am writing about my current knitting project after a long interval. Now, I am knitting a pullover for my own. The pattern is “Pullover with Rainbow Loop Yarns” by Setuko Torii. I got this pattern from AVRIL, in Kichijoji several years ago. I used “Italy Yarn” from Tokyo Art Center instead of Rainbow Loop. I used JPN #8 needles. The gauge is 17sts x 20rows/10cm. During the project I somehow slumped, but now came back! In the slump, I thought this Nyanku made me slumped. This was just my imagination. Nyank is a good girl. Anyway, I am finishing the project. The remaining tasks are sewing the left side and knitting the neck. They will be done tonight.

And the next project. I am planning to start “Relax” by Ririko from amirisu Spring 2013 and preparing “Carta” from Pierrot Yarns. The color number is 62 ice-grey. This yarn is made from cotton 90% and silk 10%, softer than expected. In recent days, it has been cold, I am gethering my expectation for spring.

Carta color num 62

Carta color num 62

久しぶりに編み物プロジェクトについて書きます。今は、自分用のセーターを編んでいます。パターンは、鳥居節子さんの「レインボーループのプルオーバー」。何年か前に吉祥寺のアブリルで入手したものです。糸は、レインボーループの代わりに東京アートセンターのイタリヤーンというものを使っています。使用針は 8 号棒針(日本サイズ)。私のゲージは 17 目 x 22 段 (10cm)でした。これを編んでいる間、なぜだか編み物スランプに陥り、捗らないのはおネコのせいだわ! と思っていた時期があったのですが、今はそのスランプからも脱出しました。ごめんね、にゃんく。にゃんくはいい子だよね。で、今は猛然と仕上げをしているところです。残すところ、左脇のすくいとじと、襟の編み付けを残すのみとなりました。今夜中に仕上がるかな?という感じです。

で、次は何を編もうかですが、amirisu Spring 2013 の Relax (Ririko さんデザイン)を狙っています。密かに糸を購入しまして、ピエロのカルタで編んだらいいだろうかどうだろうかと考えているところです。用意した糸の色番は 62、アイスグレーです。この糸は、コットン 90%、シルク 10%。予想していたよりも柔らかいです。ここ数日寒いですが、春気分をかき集めているところです。


3D Swans

for spring

for spring

I am a freelancer. A freelancer has no boss, no teammate and has deadlines off course. Two days ago, I felt easy and relaxed. I did so yesterday morning. The deadline was today, and I did most of the work … I had thought until late morning, when I suddenly discovered that about 2.5-day workload was untouched!!!!! A boss would check my progress and say “you may think 80% of your workload was done, but you may misread the workload. Check again.” A teammate would help me saying “you twit.” Unfortunately I am a freelancer. I had been working until 3 o’clock this morning. I had no time to cry. For freelancers, scheduling is critical. I must take this into my heart.

私はフリーで仕事をしています。フリーということは上司もいないし同僚もいませんが、もちろん納期はあります。一昨日、私はのんびりしていました。昨日の朝ものんびりしていました。納期は今日だし、ほとんどの仕事は終わっているし、いい朝だなーなんて思っていたのですよ … 昼近くになんと 2.5 日分の仕事がまるまる残っていることに気付くまでは!!!!! 上司がいたら私の進捗をチェックして、「君は、仕事が80%完了してると思ってるかもしれないけどさ、分母間違ってるんじゃない?」とか言ったかもしれません。チームで仕事をしていたら「paopaoがやらかしちゃったらしい、しょーがないなー」とか言ってフォローしてくれたかも。あー、でも私は悲しいフリーランス(普段はこの状況が気に入ってるんですけどね)。がんばりました。今朝 3:00 まで。「泣きながらがんばった」と書きたいところですが、泣くヒマはなかったですー。「毎日がスリルとサスペンス」ってホントですね。眠いー。

So, I am sleepy. In such a condition, it is not time to start my next job, and I am now relaxed. Well, I checked and checked the next workload and deadline. It’s ok. When browsing in Raverly, I came across an amazing pattern. A 3D swan doily!! I was amazed again by the pattern note. It is vintage! I queued it. I cannot understand English (UK!) crochet terminology though. By the way, do you put up a doily on which?

the style 2 another ver.

the style 2 another ver.

こんなに眠い状態で次の仕事を始めるべきではないので、今はのんびりしています。ええと、次の仕事の量と納期は何度も確認したので、のんびりしていても大丈夫です。久しぶりにらべりを徘徊していたら、すごいパターンに出会いました。3Dの白鳥さんのドイリーです。編みぐるみでもないのに立体のレース編みがあるなんて! パターンの説明によると、これは昔からあるパターンなんだそうです。 2 度びっくりです。キューに入れました。かぎ針編みは英語のパターンに挑戦したことがないし、しかもこれは英国英語版らしいし、「いつか編めるといいな」キューです。ところでドイリーって、編んだらどうしたらいいんでしょう?


Good Coffee

I tried the coffee shop that I’ve checked since our moving. The shop sells coffee beans. There are always some shoppers every time I peep. When I came in, the strong coffee aroma filled the shop. Beans on sale are greens. They roast beans according to shoppers’ taste, the owner explained. I honestly answered “I don’t know”. My only taste is unsoured. There is no soured coffee beans. The way to roast decides soured or unsoured, he taught. And I bought a recommended beans.

This summer, I read a comic “Shiro-kuma cafe” in which a polar bear (shiro-kuma) runs a cafe. In the story, squirrels roast coffee beans. So, I cannot stop thinking that the owner and an assistant look like squirrels. The squirrel-like assistant, who roasted beans wave after wave, made unsoured coffee for me. Thank you.

引っ越してからずっと気になっていたコーヒー屋さんに行ってみました。そこは喫茶店というよりはコーヒー豆屋さんで、ちらりとのぞくといつも何人もお客さんがいます。入ってみると、むせかえるようなコーヒーの香りで満ちていました。でも、置いてある豆は緑色。お店のご主人が、お客さんの好みに合わせて豆を焙煎しますと説明してくれました。私は正直に「よくわからないけど、酸っぱくないのがいい」と答えました。そしたら、たぶんコーヒーを愛してやまないご主人は「酸っぱいコーヒー豆というのはないんです。酸っぱいか酸っぱくないかは焙煎で決めるんです。」と教えてくれました。ほー、なるほど。なるほどだけどよくわかんないので「本日のおすすめ」の 1 つを買うことにしました。

この夏、『しろくまカフェ』を読みました。この中ではエゾリスさんたちがコーヒーを焙煎しているでしょう(や、豆を仕分けてるだけだったかしら)? だから、お店のオーナーともう一人の店員の男の子がリスに似ていると思うことを止められなかった私です。その、たぶん違うけどリスに似ている店員さんは、次から次へとひたすら豆を焙煎していましたが、私にも「酸っぱくない」コーヒーを作ってくれました。ありがとう。

At the shop, shoppers wait for their coffee drinking a cup of coffee and sitting a same table. I had a chat with a woman. She said my cardigan was nice. I wore the simple A-line cardigan knitted with the avril yarns. I replyed “this pattern is simple and easy.” She smiled gently. My reply was not appropriate for a chat with a non-knitter, wasn’t it? Ah… Anyway the coffee is good.

このお店で買い物する人は、出されたコーヒーをすすりつつ同じテーブルを囲んで自分の豆がコーヒーになるのを待ちます。その間、一人の女の人とおしゃべりしました。私は 2 年ぐらい前にアヴリルの糸で編んだカーディガン(下田直子のかんたんニット)を着ていたのですが、その方は、それをほめてくれたんですね。で、私ときたら「このパターン、簡単で編みやすいんですよー」とか説明しちゃったんです。後から考えると、そういうちょっとしたおしゃべりの場で、編み物しない人に対してこの応答はなかったんじゃないかなぁ。ああ、失敗。ま、コーヒー美味しかったんでよしとしますか。


First Climb

under a blanket/ブランケットにくるまってますI’ve heard that a cat like higher places or softer spots. But Nyanku has been living on the hard floor. I feel sorry for that. But today, she kept herself under the blanket with which I covered her. In the photo, she checked my behavior with side glances though. And now she climbed on a cushion on the sofa for the first time! I took the memorial photo in the telephoto mode. The blue material behind her is the second Bulgarian Skirt in progress.

first climb/初登頂猫って言うのは高いところとかふわふわなところが好き、なはずですよね。でもうちのにゃんくは、基本的に硬い床の上で暮らしています。硬くて冷たいところで暮らしていたお外の子だったから。。。不憫です。が、今日は私が着せかけたブランケットの下でしばらく過ごしていました。らぶりー。写真では横目で私の動向をチェックしていますが、よしとしましょう。そして今、にゃんくがうちにきて初めて自分でソファの上のクッションに上りました。おおお。望遠モードで記念撮影。後ろに写っている青いものは編みかけのブルスカ 2 号です。


Polar Bear Bag

polar bear bag/白クマさんバッグbackside of the face/顔の裏側inside/内側It’s deep autumn before I was aware. Dog woods trees have turned into red. Let’s go outside, under the clear sky. While murmuring that to myself, I returned my knitting life. As a starter, I made a small bag for my little niece. This late summer, she asked me a knitted bag as this Chiristmas gift. For her, who still loves polor bears, I made a polar-bear-face-shaped bag with the pale blue yarn with which I made a polar bear for her last year. The pattern is my original. In this project, I did my best to do lining the bag. The lining cloth was bought at a HOBBYRA HOBBYRE.

気付かぬうちに、すっかり秋ですね。久しぶりに外にでたらハナミズキの葉っぱが赤く色づいていてびっくりしました。もっと外に出てさわやかな空の下ですごさなくちゃ、なんてつぶやきつつ、編み物生活再開しました。(編みかけの夏物のことはとりあえず忘れて、)手始めに、姪っ子に頼まれていたバッグを編みました。夏の終わりぐらいに、今年のクリスマスにはバッグを編んでねと頼まれていたのです。姪っ子は去年にひきつづき白クマさん好きなので、バッグの形も白クマさんにしてみました(正確には水色くまさん)。糸は、去年編みぐるみを編んだときの残りです。パターンは「てきとう」。いつもは失速してしまうのですが、今回はがんばってがんばって裏地も付けました。裏地だってホビーラホビーレで買っちゃったし、おばちゃん、がんばったよー。