Time Travel

Nyanku and my foot/にゃんくと私の足

Recently, Nyanku leans against us.
近頃、にゃんくさんは、人に寄りかかってきます。

 

At the weekend, I met old friends who had been to same high school with. We had never met since each other’s wedding, for almost two decades! But we backed to the old days immediately after our reunite. That was a time travel. And now I have several photos in which we behaved like high school girls with mid-forties faces. The time travel was over. Let’s start our usual, busy, but brand-new week.

週末は、高校時代に仲の良かった友だちたちに会いました。最後に会ったのはお互いの結婚式のときなので、ほとんど20年ぶり。お互いに分かるかしらーと会う前は少し緊張しましたが、会った瞬間に高校時代に戻りました。まるで時間旅行ですね。そして、手元には「動きは高校時代のままなんだけど、顔はやっぱり40代半ばだよねー」な写真が数枚残りました。まだ少しふわふわした感じはありますが、時間旅行終了。いつもの、せわしない、だけど新しい1週間をはじめましょう。


Nyanku’s Summer Tragedy

nyanku


Josephine

grass rolls/牧草ロール

We planned our four days and three nights return-home trip in May. The only but very important consideration was Nyanku. Making a trip with her was not a possibility. A cat, especially our Nyanku, doesn’t like a trip. So, we discussed a cat sitter service. Searching Web “cat sitter”, I found several services around our apartment building. I send a e-mail to one of them and asked an estimate. The return-mail came in a few days. The fee was reasonable and the woman, who would provide the service, looked like a kind people, I thought. But my husband was worried that an unknown person would come in during our absence. So, I visit our veterinary hospital and had a talk. I was told that the vet can keep our cat during our absence, but for a cat a sitter service is better. I thought so, too. Then I visit a pet food store where I always buy foods and snacks for Nyanku. The shop owner is kind. I’ve dropped by and had a chat with her since last September when I moved in. When I asked her if she knew a nice cat sitter service, she said “I can go, I am licensed as an animal sitter.” I was very very delighted.

3泊4日で帰省しようと決めたのは5月でした。帰省にあたって、唯一のしかしものすごく重大な心配事はにゃんくのことでした。にゃんくを連れて行くというのは、問題外です。ネコというものは、特にうちの超ビビリンボのにゃんくは、旅行なんて大嫌いな生き物だから(たぶん)。それで、ネコシッターさんを頼もうということになりました。ネットで検索すると、うちの地域にもネコシッターサービスをしてくれる人が何人かいることが分かりました。そのうちの1人にメールをして見積もりをお願いしてみると、数日でお返事をくれました。料金もたぶん妥当だし、メールの感じではいい人のような気がしました。が。オットが、知らない人が留守の間に部屋の中に入るって心配だ、と言い出しました(ネットに名前とか連絡先を公開している人なんだし、大丈夫なような気がするけど、そうかもしれない。。。)。そこで、お世話になっている獣医さんに行って相談してみました。その獣医さんでは、人間が留守の間にペットを預かってくれるのですが、ネコちゃんはきっと普段の環境でお留守番するほうがいいだろうからネコシッターのほうがいいんじゃないか、と言われました。そうですよね。で、その次に、いつもにゃんくのカリカリとおやつを買っている近所のペットフード屋さんに行きました。そのお店のオーナーは、気さくな親切な女の人です。私は、去年の9月にこの辺りに引っ越してきてから、このお店に寄ってはおしゃべりするようになっていたのでした。私が「知り合いのネコシッターさんを紹介してもらえませんか」と聞くと、なんとそのオーナーのYさんが「私が行ってあげるよ。資格も持ってるよ。」と言ってくれたのです。おおお、うれしかったのは言うまでもありません。

mini tomatoes/プチトマトAfter one or two weeks we have a chat about a sitter service, I invited the owner Y-san into our apartment. Nyanku hid in the closet as usual though, we talked over a cup of tea. Y-san knew well neighborhood cats situations. She also knew about the situation around my ex-apartment. According to her, there is a mother cat named Josephine near my ex-apartment. People who take care of street cats call Josephine and her children as Josephine family. And to my surprise, Y-san has one of Josephine’s sons named Rintaro. We checked his photo. Rintaro and Nyanku are alike, we thought. I was somehow relieved to know that Nyanku may be not all alone. After Y-san went home, I talked to Nyanku, who appeared from the closet, “Are you from Josephine family? Your mother is Josephine, isn’t she?” Nyanku looked up me as if she wanted to say something, and mewed. Her answer might be “yes”, “no”, or “I don’t know.” I was very sorry that I could not understand her mew.

という話をしてから1週間か2週間後に、Yさんにうちにきてもらいました。にゃんくはいつものように押入れに隠れてしまいましたが、Yさんとお茶しながらおしゃべりしました。Yさんは、ペットフード屋さんだけあって、近所のネコ事情に詳しく、引っ越し前に私たちが住んでいた地域のネコ事情も知っていました。Yさんによると、前に私たちが住んでいたマンションの近所には、ジョゼフィーヌという母さんネコがいて、外猫にご飯をあげている人たちの間では、そのあたりのネコはジョゼフィーヌ一族と呼ばれているのでした。そしてなんと、Yさんはジョゼフィーヌの息子を1匹飼っていることが分かりました。その息子の名はりんたろう。私たちはりんたろうの写真をよくよく見て、りんたろうとにゃんくは顔が似ているような気がする、と結論付けました。私は、にゃんくが全くの天涯孤独じゃないことを知って、なぜだかほっとしました。Yさんが帰った後、押入れから出てきたにゃんくに「にゃんくはジョゼフィーヌ一族の出身なの?にゃんくのお母さんはジョゼフィーヌって言うの?」と訊いてみました。にゃんくはもの言いたげな表情で私を見上げて、ニャーとお返事してくれました。あのニャーは、イエスなのかノーなのか、それとも「そんなこと知らない」だったのか。ああ、ネコ語が分からなくてホント残念。


North Land

yellow cherries/黄色いサクランボI went my husband’s home Hokkaido. Daytimes were hotter than expected. But the air was still clear, and mornings and evenings were chilly. Air conditioners were no need. Very comfortable and enjoyable days. As a tourist, I got yellow cherries at the underground mall in Sapporo. Do you know that Hokkaido is a cherry production area ? I did not.

オットの実家のある北海道に行ってきました。昼間は期待していたよりは涼しくありませんでしたが、やはり空気は軽いし、朝晩は冷え込みます。エアコンは必要ないですね。とても快適な楽しい数日を過ごしてきました。観光客らしく、札幌の地下街で黄色いサクランボを買ったりしました(キイロイサクランボですよ?! 買わずにはいられません)。北海道はサクランボの産地だということをこの夏はじめて知りました。山形だけじゃないんです。

potate flowers full bloom/ジャガイモの花が満開でしたIn the outward plane, we murmured “good-bye usual chores, and hello calories.” As our words, we came back with some weights. Our bathroom scale records our previous weigths and alarms if we get weights too much, kindly. According to its role, it alarmed when getting on. Thank you, but I know that very well.

行きの飛行機の中で「さようなら日常、こんにちはカロリー」なんて言っていたのですが、まったくそのとおりに太って帰ってきました。うちの体重計は、親切にも、これまでの体重を覚えてくれていて、前回と比べて急激に太り過ぎるとアラームが鳴る仕組みになっているのですが、こちらに戻った夜にさっそくピーピー言ってくれました。体重計さん、ありがとう。でもね、もう知ってるから。帰省ってそういうものだから。

neighboring lavender/住宅街にもラベンダーYou may be anxious about Nyanku during our absence. Yes. I must confess; Nyanku really got annoyed. I will write about that next.

ここまで読んで、留守の間にゃんくはどうしていたの?!と心配してくださった方がいるかも。 はい、にゃんくは、えらい迷惑を被ったと言わざるを得ません。えっと、次回(なるべく早く)詳細報告しますね。


Taiyaki

IMG_7565 IMG_7566I went the National Museum of Western Art which features Raffaello. Today’s topic is the route to Ueno. I went Ueno via Nezu and Yanaka. The reason why I started from Nezu was taiyakis. Do you know Nezu’s taiyaki? They are famous, crisp and not too sweet. Very very delicious. They are worth waiting in line! If you have an opportunity to go Nezu, you should get one. Yanaka has a number of temples. I found guest houses for tourists from foreign countries for the first time. Yanaka appears attractive in old Tokyo. Surely, if I were a tourist from another country, I would stay such a place. Through Yanaka, I reached Ueno and found that Tokyo National University of Fine Arts and Music is in entrance exam and students with their musical instruments. Some carried lucky charms. I hope that young students’ brilliant future.

上野の西洋美術館に行ってきました。ラファエロ展やってますね。でも今日のお話は美術館までの道のりです。上野には、根津と谷中を経由していきました。なぜ根津からかというと、タイヤキを食べるためです。根津のタイヤキって、タイヤキ界では有名なのかな?たぶん。カリカリで(ネコのご飯ではありません)、尻尾のところなんか焦げてて、甘すぎなくて、とてもとても美味です。並ばないと買えないのですが、並ぶ甲斐あると思います。機会があったら食べてみてくださいね。で、谷中。谷中は寺町なんですね。テレビでしか見たことがなかった、外国からの観光客用のゲストハウスというのをはじめて見かけました。確かに、外国から東京に観光に来たんだったら、ああいう江戸情緒があるところに泊ってみたいと思うかも。谷中を通り過ぎて上野に着いたら芸大が入学試験中でした。楽器を持って、合格祈願お守りをかばんに付けた受験生らしき若い子たちも見ました。若者たちにいい春が来るといいですなぁ。


Snail

a bouquet/発表会といえばブーケKorean products/韓国旅行みやげI went Shinokubo to listen to a piano recital. One of my friends played piano. While her performance, I got uptight as if I were playing. Other friends with me said they got uptight like me. Tightness can transfer.

昨日は、友だちのピアノの発表会があって、新大久保に行ってきました。自分が弾いているわけではないのに、友だちが弾いている間、めちゃくちゃ緊張しました。一緒にいた別の友だちたちは、私の緊張がうつったと言っていたし、あくびと同じで緊張もうつりますね。どっきどきの一日でした。

By the way, before the recital, we walked around Shinokubo, where is a famous Korean town. There were many Korean shops and visitors. We often heard Korean conversation. There was petit Korean. We can feel like we are in Korea. Actually that is a general knowledge. I’ve never known though. We went a market and did shopping. I bought some laver, face packs and a spoon. Yes, there were no consistency. And I was amazed that there are beauty products made from snail essence! I didn’t have courage to buy a snail product. Do you have?

さて、発表会の前に少しだけ新大久保の町で観光してきました。今回はじめて知ったのですが(<-非常識)、新大久保ってコリアンタウンなんですね。お店がたくさんあって、観光客もたくさんいて、韓国語の会話もそこここで耳にしました。まさにプチ韓国。海外旅行してるみたいで楽しかったです。市場みたいなスーパーマーケットで買い物しました。買ったものは、韓国海苔とフェイスパックとスプーン(発表会前だったのでキムチは我慢)。脈絡のなさが突然の海外旅行気分を物語っています。驚愕したことに、最近は、カタツムリのエキスのはいった化粧品が流行っているんですって。カタツムリですよ、カタツムリ。私は勇気がでなくてカタツムリ製品は買えませんでした。試したことありますか?


Photos

sakura/桜airplane track in Kyoto/京都の飛行機雲Today was a rainy day. Rainy but warm. Spring is deepen. My sister in law sent me the photos she took during our Kyoto trip. During a trip, we sometimes feel hot, cold, hungry, sleepy or tired. In photos, flowers are blooming, dishes look delicious, and we all smile. A camera sometimes prevents us from enjoying the real beautiful scenes. While photos bring a lot of enjoyment to us, and increase the strength of memories. A camera is double-edged for me.

雨が降っても寒くない 1 日でした。春が深まっていますね。義妹が京都旅行のときの写真を送ってくれました。旅行中って、暑かったり、寒かったり、お腹がすいていたり、眠かったり、ちょっと疲れていたりするものですよね。でも写真には、きれいな花や美味しそうなご飯が写っていて、そしてなによりみんなが笑っています。カメラを持つと、目の前のきれいな景色をリアルに楽しめないときがあって、めんどくさいなと思うけれど、後から写真を見れば楽しかったことを思い出すことができて、思い出が強化されます。カメラってもろ刃の剣です。

By the way, I completed my girly top! It is pretty good, I think. In this project, at first I used double pointed needles and then changed a circular needle. Actually I could see vertical lines where I changed the next double pointed needle. They were unpleasant to see. Luckly when I soaked the top in water, the lines look disappeared!! I will take photos at this weekend and report you.

ところで、ガーリートップが完成しました。なかなかいい感じです(たぶん)。今回前半は 4 本棒針を使い、途中で輪針に切り替えました(ちょうどいいサイズの輪針がなかったけど編みたかったのでとりあえず 4 本針ではじめた)。そしたら、なんとも見苦しいことに、針の持ち替えポイントの目が広がってしまって、縦のラインができてしまっていました。4 本棒針って苦手です。でもでも、水とおしのときにゆさゆさしたら、その縦線が消えたような気がします。うれしーい。週末に写真を撮ってお披露目しますね。