Pon de Tulip

early spring

early spring

On the last weekend I discovered a neighboring donuts shop – Mister Donut – had 100-yen sale. I wanted to buy some of my faborite “pon de rings” original version. The shop was clowded, the rings were sold out, and I gave up. Then the coins for donuts were traded for yellow tulips at a flower shop. I got early spring for our small entrance.

週末に近所のミスドが 100 円セール中なのを発見しました。私の大好物はポンデリング(オリジナルバージョンのほう)。どれどれいくつか買いましょうと立ち寄ってみたのですが、店内はとっても込んでいてしかもポンデリングは売り切れでした。断念。で、ドーナツを買おうと握りしめていた小銭は、お花屋さんで黄色いチューリップになりました。玄関に飾りましょう。

My fingers are not green but gray. I rarely get flowers. This time I want to make tulips longer, and had a chat with a florist about tulips. She tell me that tulips don’t need much water nor sunlight. Cutting flowers like a cool place in general. Until that, I put flowers in a sunlight for their photosynthesis, actually. And I thought that they felt delight seeing bubbles in the glass I did them. That bubbles were not from delightfuls but from tortures! I am so sorry, flowers. I hope the tulips’ longevity.

私は植物を扱うのが苦手です。なのであまり花を買ったりしないのですが、今回はそんなわけでチューリップを求めたので、少しでも長持ちさせたいなとお店の人にちょっとチューリップのことを聞きました。お店の人は、チューリップはあまり(葉っぱが浸るぐらい)たくさんの水につけなくてもいいことと、日を当てる必要はないことを教えてくれました。切り花は大抵、涼しいところに置くといいんですって。実は、私ったら、これまでお花は光合成をしたほうがいいでしょうとか思って、切り花も昼間は日の当たるところに置いていました。日に当てると、お花をいけているコップ(いまいち花瓶も揃っていない)の中に気泡ができるのですが、その気泡をみて、光合成ができてお花も喜んでいるわーとか思っていました。しかし、あれは「わーい、光合成だー」のヨロコビのあぶくではなく、「うー、苦しいよー」のクルシミのあぶくだったんですね。悪いことしてたなぁ。不幸にもうちにやってきてしまったチューリップさん、長生きしておくれ。


3D Swans

for spring

for spring

I am a freelancer. A freelancer has no boss, no teammate and has deadlines off course. Two days ago, I felt easy and relaxed. I did so yesterday morning. The deadline was today, and I did most of the work … I had thought until late morning, when I suddenly discovered that about 2.5-day workload was untouched!!!!! A boss would check my progress and say “you may think 80% of your workload was done, but you may misread the workload. Check again.” A teammate would help me saying “you twit.” Unfortunately I am a freelancer. I had been working until 3 o’clock this morning. I had no time to cry. For freelancers, scheduling is critical. I must take this into my heart.

私はフリーで仕事をしています。フリーということは上司もいないし同僚もいませんが、もちろん納期はあります。一昨日、私はのんびりしていました。昨日の朝ものんびりしていました。納期は今日だし、ほとんどの仕事は終わっているし、いい朝だなーなんて思っていたのですよ … 昼近くになんと 2.5 日分の仕事がまるまる残っていることに気付くまでは!!!!! 上司がいたら私の進捗をチェックして、「君は、仕事が80%完了してると思ってるかもしれないけどさ、分母間違ってるんじゃない?」とか言ったかもしれません。チームで仕事をしていたら「paopaoがやらかしちゃったらしい、しょーがないなー」とか言ってフォローしてくれたかも。あー、でも私は悲しいフリーランス(普段はこの状況が気に入ってるんですけどね)。がんばりました。今朝 3:00 まで。「泣きながらがんばった」と書きたいところですが、泣くヒマはなかったですー。「毎日がスリルとサスペンス」ってホントですね。眠いー。

So, I am sleepy. In such a condition, it is not time to start my next job, and I am now relaxed. Well, I checked and checked the next workload and deadline. It’s ok. When browsing in Raverly, I came across an amazing pattern. A 3D swan doily!! I was amazed again by the pattern note. It is vintage! I queued it. I cannot understand English (UK!) crochet terminology though. By the way, do you put up a doily on which?

the style 2 another ver.

the style 2 another ver.

こんなに眠い状態で次の仕事を始めるべきではないので、今はのんびりしています。ええと、次の仕事の量と納期は何度も確認したので、のんびりしていても大丈夫です。久しぶりにらべりを徘徊していたら、すごいパターンに出会いました。3Dの白鳥さんのドイリーです。編みぐるみでもないのに立体のレース編みがあるなんて! パターンの説明によると、これは昔からあるパターンなんだそうです。 2 度びっくりです。キューに入れました。かぎ針編みは英語のパターンに挑戦したことがないし、しかもこれは英国英語版らしいし、「いつか編めるといいな」キューです。ところでドイリーって、編んだらどうしたらいいんでしょう?


How To Enjoy Your Electric Carpet

I introduce you three way to enjoy your elecrtic carpet. First, be relaxed on it. This is a very normal way.

ホカペの楽しみ方を 3 通り紹介します。まずは、「カーペットの上でくつろぐ」。非常にノーマルな方法ですね。

style one

style one

 

 

 

 

 

Second, be sandwiched between something flat, for example a bed for a cat, and the carpet. This is a warmer way than the first one.

2 つ目は、たとえばネコベッドのような「何か平らなものとカーペットの間に挟まる」 。1 つ目よりも暖かい方法ですね。

style two

style two

 

 

 

 

 

 

Third, warm your pads in a flying superman style. This is very cute. But for human beings without pads, it may not be enough.

3 つ目は、「スーパーマンの姿勢でにくきゅうをあたためる」です。非常にかわいらしいです。しかし、にくきゅうを持たない人間の場合は今一つかもしれません。

style three

style three

 

 

 

 

 

Now, Nyanku’s favorite way is the second. We often see her in this status. We call this a “catburger”, and want to prepare an yellow blanket and make her a cheeseburger.

ただいまのにゃんくのお気に入りスタイルは、2 番目です。この形になっているにゃんくをしばしば見かけます。我が家では「ネコバーガー」と言っています。黄色いブランケットを用意して、ネコチーズバーガーにしたいなぁ。


Electric Carpet

this morning

this morning

this morning

this morning

We never have any floor heating. I’ve wanted an electric carpet though, my husband T has said “no, floors are cold in winter.” My buying-an-electric-carpet campaign failed every winter. But this winter, the first winter with a cat, T said “let’s buy an electric carpet for our cat” and bought one like that. It is very small but enough for us. Having a little disapproval of this prehistory, I happily enjoy the carpet. Nyanku, the cat also enjoys it. These days, she is often under under the low table. She is between sunlight and warmth from the carpet there. She cannot dash from there, I think. I become happy seeing her in such a relaxed pose.

between sunlight and the carpet

between sunlight and the carpet

うちには床暖房がありません。ホットカーペットが欲しいよーと訴えてきたのですが、オットは「いや、だって、冬は床は冷たいものでしょ」などと言い、結局買わずじまいでここまできました(横浜あたりの冬ならば、なければないで過ごせちゃうんですよね)。しかし、ネコさんを迎えてはじめてのこの冬、オットは「おネコのために買いますか」などと言ってさくっとご購入。1畳ほどの広さですが、人ひとりとネコ一匹分には十分ですね。このいきさつに若干の不満を抱えつつ、私も初のホットカーペット生活を満喫しています。当のネコさんであるにゃんくも楽しんでいる模様です。最近は、ローテーブルの下の下によくつまっています。ここは、日の光とホカペのぬくぬくに挟まれて、ネコ的にいい感じなのでしょう。ただ、ここからスタートダッシュするのは難しいはず。リラックスしてるな~と、このポーズを見るたびにほくそ笑む私です。


TV Sound Filter

two days ago

two days ago

Our TV is very small. Because we want our living room not to be dominated by a TV. I’ve seen a living room in a TV soap, in which a large screen TV resides unselfconsciously. How large the room is! We cannot have such a large living room, so, we scaled down our TV. When we bought the TV, its copy said “for a very small room, about 4.5 tatami mats.” Our living room is small but larger than 4.5 mats though, we didn’t care that. Recently we understand that copy. A small-sized TV sounds quiet. For us, it is hard to catch that quiet sound. Turning it up, it becomes just loud. We still cannnot catch it. The copy was right.

うちのテレビはとっても小さいです。理由は、テレビ中心のリビングルームにはしたくないなと思ったから。外国ドラマなどを見ていると大型スクリーンテレビがさりげなーくリビングの片隅に置かれていたりしますでしょう?あれってどれだけ広い部屋なんでしょうね。うちのリビングがあんなに広くなることはないので、テレビのサイズを小さくしてみました。テレビを買ったときに、お店で「4.5畳向き」という文句を目にしました。うちのリビングが狭ーいといっても4.5畳よりは広いのですが、まぁこれは大きなテレビを売るための宣伝文でしょうと思って気にしませんでした。しかし最近、「4.5畳向き」というのはどういう意味だったのか分かってきました。小さいテレビって音も小さいんですね。うちの二人はどちらかというと耳の性能がよくないほうなので、小さい音が聞き取りにくい。しかし、しかし、テレビの音を大きくしても、ビリビリと割れてしまうばかりで今一つ聞き取りにくいままなのです。あの文句は「4.5畳ほどの広さの部屋で聞くのにちょうどいい音が出ます」という意味だったんですね。奥深いわぁ。

yesterday

yesterday

So, if we really want to see a TV show, we must turn it up and up, bear off the loudness, and listen with efforts. In this new year vacation, my husband watched a movie on the TV. The movie was “The Boat.” I was scared of that movie’s locale, and didn’t watch it and played with our cat. Our cat, Nyanku is very timid and scared of any sounds from outside. But somehow, she doesn’t care TV sounds. At the time, she didn’t care submariners’ screamings. Is a cat equipped with a TV sound filter?

そんなわけで、本当に見たい番組があるときは、テレビの音をめちゃくちゃ大きくして、ビリビリ音に耐えつつ、がんばって聞くというのが我が家のテレビ視聴スタイルです。このお正月休み、オットがそんな状況で映画『Uボート』を観ていました。私は、あの映画は設定だけでもう十分に怖いので見ません。で、ネコと遊んでいました。うちのネコのにゃんくさんは、超びびりで窓の外から何か音がするだけで固まってしまうほどです。でもなぜだかテレビの音は気にしません。あのときも、潜水艦乗りたちの叫び声は気にならないみたいでした。ネコにはテレビの音フィルタリング装置が装着されているんでしょうか?


What Yarn?

Yesterday

Yesterday

15 days have past since New Year’s day. I become familiar with the year 2013. I went to HOKI Museum in Chiba. This museum resides in a housing estate near Toke station on Sotobou line. After 15-minute walk through new nice houses on gentle slopes, suddenly it appeared. Its collection constits of realism paints. They were impressive. I liked them. There was a paint which captures a woman who were knitting. We can see how she casted on and how yarns she used. I was interested in a ball with a red label. I wanted to know what yarn it was. If you are a knitter and have a chance to be there, check the label and tell me the yarn name.

Today

Today

新年になって 15 日が経ちました。2013 年にもようやく慣れてきたところですね。昨日は千葉県にあるホキ美術館に行ってきました。外房線の土気駅近くの住宅街の中にある美術館です。なだらかな坂に続く、新しくてすてきなおうちを眺めながら 15 分ほど歩くと突然と美術館が出現します。写実絵画専門の美術館なんですって。迫力のあるコレクションでした。おもしろかったです。中に 1 つ、編み物をする女の人の絵がありました。写実絵画だけあって、作り目の様子とかどんな糸を使ってるかとかも分かるんです。糸玉の 1 つにはラベル(赤色、たぶん銀色の字)も付いていました。きっと実在する糸なんだわと思いましたが、私には何の糸だかは分かりませんでした。編みもの好きのみなさん、もしホキ美術館に行くことがあったら、この絵をチェックして何の糸が使われていたか教えてくださいね(作品の名前とか作家の名前とかチェックしていないところからして、木を見て森を見ていなかったことがばればれです。はは。)