Rainbow Colors

hydrangea faded/色あせたアジサイWhen I was a chile, I somehow believed that hydrangea flowers change their color like a rainbow; from red, orange, yellow, green, blue, indigo, to violet. I wanted to see all colors, but in my home’s yard, hydrangea flowers were always violet or pale blue. I was very sorry that I missed other colors. In those days, my mother burned flammable trash in the yard. Flammable trash included leaves and flowers. I loved watching fires near my mother. One day, my mother burned dead hydrangea flowers, and I watched; the flowers burned in rainbow colors. I was realy satisfied. The flowers usually hide their true colors, and they reveal their real colors when burning, I thought. My memory about hydrangea was period.

Yesterday, I went my father’s home, and cut dead hydrangea flowers. Now, I know hydrangea color depends on the acidity in the soil, and a fire changes its color by its temperature. Although that, I was tempted to burn them and check the colors. They may burn like a rainbow.

子供のころ、どういうわけだか、アジサイの花は七色に変わると信じていました。七色というのは、あれですね、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の虹の色。私は、アジサイの季節になると、今年こそは全部の色を見たいと思ったものです。しかし、うちの庭に咲くアジサイはいつ見ても紫とか水色でした。あー、今年も他の色を見逃しちゃったなーと残念に思いこそすれ、七色っていうのがそもそも間違っているかもとは思わなかった私。アホです。当時(昭和です)、実家では燃えるごみは庭で燃やしていました。私は、ちょっとした火遊び気分で、その火を眺めるのが好きでした。燃えるごみには、枯れ葉とか花がらも含まれていたのですが、ある日、母が枯れたアジサイの花を燃やしました。で、私は見たのです。アジサイの花がくっきりはっきりと虹色に変化しながら燃え尽きる様子を。そして、アジサイというのは普段は本当の色を見せないけれど、その花の中にはやっぱり七色の色が入っていて、燃えるときには本当の色が見えるものなのだと納得したのでした。私のアジサイに関する記憶はこれで終わっています。納得したときの「ふむふむ」という感じを今でも思い出せるので、とてもとても満足したのでしょう。

時は流れて昨日は、実家に行って、庭仕事をしてアジサイの花がらを刈り取りました。今では私も、アジサイの色というのは土の酸性度によって変わるものだとか(たぶん)、炎の色はその温度によって変化するものだ(たぶん)ということを知っています。それでも、やっぱりアジサイの花を見ると燃やしてみたいという衝動にかられます。虹色に変化しつつ燃えていくかも。火の色がくっきりと七色に変わったと思ったのだって幻覚かもしれないし、幼い日の美しい思い出じゃなくて、何らかのビョーキだったらどうしようと思いつつもどうしても。

広告

Work and Knit

またしてもお久しぶりです。

at night Disney Land/ 夜のディズニーランドI am not good at arranging my own schedule. I, who am apt to work too much, went more places and met more people tha usual, these two months. This may be nice. But now, when there are no plans to meet someone or to go out, I am relieved. It is important to balance one’s work and private life. When people say so, “private life” means meeting someone or going out. But for my “private life”, just knitting may be enough.

スケジュールを調整するのが苦手です。うっかりしているとどこにも行かず誰にも会わずに仕事だけして暮らしてしまいます(フリーランスなんだからお仕事は断ったらいけません)。それを打破しよう、と思ったわけではないのですが、この 5 月と 6 月はがんばりました。いつもよりたくさん出かけたし、たくさんの人に会いました。いわゆるワークライフバランスのライフの部分が充実していたといえなくもないのですが、ちょっとお疲れ気味です。しばらく予定がない今、ほっとしています。へたれな私にはワーク&ニットぐらいがちょうどいいのかも。

However, I enjoyed my “private life”, of course. For example … I went to Tokyo Disney Land with my big sister in law. We stayed there only 4 hours (from 18:00 to 22:00), using the after-six-passports. I went there after an interval of 22 years. I really enjoyed the dream land.

とはいえ、いわゆる「ライフ」の部分ももちろん楽しんだ 2 カ月でした(要はバランスの問題ですね)。たとえば、義姉といきなり思いついて夜の東京ディズニーランドに行ってきましたが、夜の遊園地、とても楽しかったです。実に22年ぶりだったのでなにもかも新鮮でした。ディズニーランド好きな人がきいたらびっくりなのでしょうが、私にとってはスプラッシュマウンテンもプーさんのハニーハントも「新しいアトラクション」なわけです。プーさんのハニーハント、可愛い顔して、三半規管にダメージを与えるすごい奴でした。あーびっくりした。

I want to update my weblog frequently from this July!

さて、今日から 7 月です。2012 年ももう後半! もうちょっと頻繁に更新できるように、ワークライフバランスを考えた生活を心がけたいです。