Wanted a Pattern

moss/苔I planned to use the new white silk yarn and knit a scalf immediately after the girly-top. But. I cannot choose a pattern because I want a too much brilliant beautiful nice but simple pattern. Do you know such a pattern?

ガーリートップを編み終えたら、すかさずあの京都のあヴりるで買った白いシルクの糸でスカーフを編むつもりでいました。だがしかし。パターンを決めることができません。なぜなら、妄想が空回りして、なんだかすっごくすてきでゴージャスできれいな感じだけど、シンプルなパターンを探し求めているから(条件が難しすぎる)。どこかにそんなパターンありませんか?

広告

Photos

sakura/桜airplane track in Kyoto/京都の飛行機雲Today was a rainy day. Rainy but warm. Spring is deepen. My sister in law sent me the photos she took during our Kyoto trip. During a trip, we sometimes feel hot, cold, hungry, sleepy or tired. In photos, flowers are blooming, dishes look delicious, and we all smile. A camera sometimes prevents us from enjoying the real beautiful scenes. While photos bring a lot of enjoyment to us, and increase the strength of memories. A camera is double-edged for me.

雨が降っても寒くない 1 日でした。春が深まっていますね。義妹が京都旅行のときの写真を送ってくれました。旅行中って、暑かったり、寒かったり、お腹がすいていたり、眠かったり、ちょっと疲れていたりするものですよね。でも写真には、きれいな花や美味しそうなご飯が写っていて、そしてなによりみんなが笑っています。カメラを持つと、目の前のきれいな景色をリアルに楽しめないときがあって、めんどくさいなと思うけれど、後から写真を見れば楽しかったことを思い出すことができて、思い出が強化されます。カメラってもろ刃の剣です。

By the way, I completed my girly top! It is pretty good, I think. In this project, at first I used double pointed needles and then changed a circular needle. Actually I could see vertical lines where I changed the next double pointed needle. They were unpleasant to see. Luckly when I soaked the top in water, the lines look disappeared!! I will take photos at this weekend and report you.

ところで、ガーリートップが完成しました。なかなかいい感じです(たぶん)。今回前半は 4 本棒針を使い、途中で輪針に切り替えました(ちょうどいいサイズの輪針がなかったけど編みたかったのでとりあえず 4 本針ではじめた)。そしたら、なんとも見苦しいことに、針の持ち替えポイントの目が広がってしまって、縦のラインができてしまっていました。4 本棒針って苦手です。でもでも、水とおしのときにゆさゆさしたら、その縦線が消えたような気がします。うれしーい。週末に写真を撮ってお披露目しますね。


Haste Makes Waste

too narrow neck/首周り、小さすぎI am now hastily working on the striped girly top project. Because I got new yarns and want to knit something new with them. Last night, I had almost done the neck shaping. But … the pattern says the final number of sts is 138 though, my remaining sts was about 40. I misread the instructions. I was very disappointed. Why did I note the error in knitting? Haste makes waste.

新しい糸を入手すると、その糸を使って新しいものを編みたくなるものです。それで、編みかけだったシマシマ・ガーリートップを急いで仕上げてしまおうとしています。昨日の夜、もう少しで襟ぐりが出来上がるところで編み目を数えてみたら、パターンでは 138 目残るとされているポイントなのに、40 目ぐらいしかありませんでした。減らし目のところを読み間違えました。がっくり。なんで途中で気付かなかったんだろう。急いては事をし損じる、というやつです。「急いては事をし損じる」は英語では “Haste makes waste.” というそうです。ひとつお勉強になりました。ああ、ほどくのかぁ。。。


Yarns From Kyoto

Kamo-wake-ikazuchi-Jinja/上賀茂神社I visited Kyoto with my parents and sister in law M. Being with parents allowed M and me this luxury 5 days trip. We enjoyed beautiful Kyoto where late bloomer Japanese cherry bloomed. All Japanese cherry blossoms were late-blooming this year. We were lucky. While I did sightseeing as a right tourist, I went some handicraft shops. I got; yarns from AVRIL and Art Fiber Endo, dress pins from Itoya MasudaYasu-Syouten, a needle for beads work from Itoya MasudaYasu-Syouten, accessory parts from AVRIL, and buttons from Idola in order from the left. In AVRIL I had to ask myself; I can visit AVRIL in Kichijoji. Do I need to shopping in Kyoto? Inner another I answered; Yes! I need souvenirs.

yarns/糸dress pins/マチ針needle for beads work/ビーズ針accessory parts/ガマ口buttons/ボタン

義妹と京都に行ってきました。義両親とも一緒だったので、贅沢して 4 泊もしてきました。遅咲きの桜が満開の京都はとてもきれいでした。桜の季節に合わせて旅行を計画したわけではなかったので(計画したのは 1 月。桜のことなんか考えられない)なおさらラッキーでした。正しい観光客として寺社仏閣を巡りつつ、手芸屋さんにもちょこっと寄ってきました。戦利品は写真上から、アヴリルと Art Fiber Endo の糸、いとや増田泰商店のマチ針、同じくいとや増田泰商店のビーズ用針、アヴリルのガマ口、Idola のボタンです。さすがにアヴリルなどでは、吉祥寺に行けばいいのにわざわざ京都で糸やらガマ口やら買う必要があるのかと、自問せずにはいられませんでした。内なるもう一人の私が「だって旅の記念だもの」と即答してましたが。

I’m dreaming; I would knit a scarf with the AVRIL’s silk beuge yarn, a cardigan with the Endo’s blue-black mixed yarn, and use these Idola’s buttons for a striped sweater.

アヴリルのベージュの糸(タッサシルク)では細身のスカーフを編んで、Art Fiber Endo の濃紺と黒の糸(ST-\ UK)ではカーディガンを編んで、Idola のボタンはこのシマシマセーターに使おうと妄想中です。


Soap Bubbles

new mascot/新しいマスコットbefore the game/試合開始前There was a no hitter game about one week ago. The game was Yokohama DeNA BayStars vs. Hiroshima Toyo Carp. The no hitter pitcher is Hiroshima’s ace. We, my husband T and I watched the game at Yokohama Stadium. Of course we were on Yokohama side. In April, watching a night game is a kind of trainings. The night was a very cold and windy. If you go to watch a night game in April, wear your winter clothes. Anyway, it was a no hitter game. Baseball boys and old boys around me were slightly excited, while “our team” was almost beaten. T said “this is a miracle. Watch!” Yes, I just watched.

だいたい 1 週間ぐらい前、日本のプロ野球界では、ノーヒットノーランの試合がありました。横浜 DeNA ベイスターズ対広島カープ戦。ノーヒットノーランをやってのけたのは広島のエースです。私とオットは、そんな試合を横浜スタジアムで見てきました。もちろん横浜側で。4 月のナイター観戦はある種の修行です。もうもう、本っ当にすごーく寒いんです。風も吹くし。身体の芯から冷えます。4 月にナイター観戦に行く機会があったら、冬支度をしていってくださいね。ええと、ノーヒットノーランでした。これはすごいことらしいです。私の席の周りにいた現役野球少年たちや、かつての野球少年たちは、自分たちがやられちゃってるというのに、「なんだか緊張してきた」とか言って、微妙にわくわくしているようでした。オットも「これは偉業なんだよ。ちゃんと見るんだ!」と言ってました。ええ、見ましたとも。一応ね(だって投手戦ってつまんな・・・もごもご)。

bubble set (they gave us)/シャボン玉セット(もらいました)By the way, ribbon (they gave us)/リボン(もらいました)BayStars’s owner was changed this year. New owner is DeNA. DeNA brought new cheer styles with ribbons and soap bubbles. We blow bubbles at the end of the 5th inning. With ribbons … well, I don’t know what we can do with ribbons. It was no hitter, and we had been sitting almost in silence. I looked forward to the bubble time. And I enjoyed imagining; if the stadium is full of people and everyone blow bubbles at the same time, it would be so beautiful. Imagined? Yes, I imagined. The bubble time needs some steps. Step1: keep your soapy water bottle and straw till the time. Step2: bring out them just before the end of the 5th inning. Step3: open the bottle cap without spilling. Step4: soak your straw in the bottle gently. Step5: check your direction of bubbling. Don’t turn to someone’s face or food. Step6: blow softly. While, at night games, people come after their work. They are almost male. They enjoy watching the game ,eating meal and drinking alcohol. For such drunken men, those complex steps are real challenge. For now, I expect a day game in summer. Many children and women will come. They must blow bubbles eagerly. Beautiful bubbles in beautiful sunset. This is goiung to be great.

ところで、今年からベイスターズの親会社が変わりました。新しい親は DeNA。DeNA になって、応援が新しくなりました。リボンとシャボン玉を使います。他の球場でみんなが風船を飛ばしているのをみて活気があるなぁと思っていたのですが、あれの DeNA 版がシャボン玉なんですって。リボンは、リボンはですね、どう使うのかいまひとつ分かりませんでした。あの日はなにせノーヒットノーランで、じっと座ってばかりだったので。私はこのシャボン玉タイムを楽しみにしていました。そして、球場いっぱいのヒトビトが一斉にシャボン玉を吹いたらさぞかし美しいだろうなーと、想像して楽しんできました。想像?はい、想像です。シャボン玉タイムにはいくつかの手順が必要です。手順 1: シャボン液とストローをシャボン玉タイム(5 回終了時)までなくさずに持っておく。手順 2: もうすぐ 5 回が終わるなというころにシャボン玉セットを取り出す。手順 3: シャボン液をこぼさないように、シャボン液のフタを開ける。手順 4: ストローをシャボン液にそっと浸す。手順 5: シャボン玉を吹く方向を見定める。他の人の顔やお弁当に向けてはなりません。手順 6: そぉっと吹く。以上。そうはいっても、ナイター観戦の観客はお仕事帰りの男の人が多いです。彼らはゲームも見るけど、ご飯を食べたり、お酒を飲んだりします。5 回裏にもなればけっこういい気持ち。酔っぱらったおっさんたちに、この複雑な手順はとっても難しい。おっさんたちは大人なので、シャボン液をそこらへんにこぼすかもしれない愚行はおかしません(たぶん)。うーむ。これはもう、夏のデイゲームに期待するしかなさそうです。夏休みだったら子供ちゃんや女の人も多いでしょうから、きっと熱心にシャボン玉を吹くでしょう。夏のユウヤケ空にたくさんのシャボン玉。楽しみ楽しみ。


S’s Vest Completed

completed!/完成!FINALLY the “S’s Vest” project has been completed. The finishing work took long time as usual. I am not good at blocking or sewing buttons. Knitting Notes; Pattearn: “#09 Kids Vest”from “Simple and Cute Kids Knit” by Nihon Vogue. Yarn:Rowan Wool Cotton, color number 957, total 180g. Needle: Japanese size 5 and 6. Others: 11 shell buttons from Takashima. Gauge: 18.5sts/10cm. Size: 130cm tall size. Modification: In order to reach the instructed length, added 6rows under the arm, added 2 rows above the arm. Picked up 77 sts for the front edges. I made 6 buttonholes and attached 5 buttons on the buttonhole side edge for decolation.

ようやく S ちゃんの前開きベストが完成しました。いつもながら最後のとじはぎ段階にくると失速します。ブロッキングとかボタンつけとか苦行です。さて、編み物メモです。パターン 日本ヴォーグ社『シンプルでかわいいキッズニット』の #9 番目のベスト(表紙のベスト)。使用糸:ローワンのウールコットン。色番957。赤というよりエンジ色です。トータルで180g使用。使用針:日本の棒針 5 号と 6 号。その他:Takashima という通販のボタン屋さんで買った貝ボタン 11 個。ゲージ:10cmで18.5目(指定ゲージは18目)。サイズ:身長 130 cm のパターンを使用。S ちゃんは背は高いけどやせているので目数はそのまま。長さを合わせるために脇の下に 6 段、袖ぐりに 2 段追加。前立てからは 77 拾い目しました。ボタンホールは 6 個、ボタンホール側に飾りボタンを 5 個付けました。

buttons on both sides/両前立てにボタン付けましたsequence buttons/ずらりと並んだボタンRowan Wool Cotton is said to be for three seasons. It may be too warm for Japanese humid late spring. The pattern’s cutest point is the sequence shell buttons. So, I governed my desire to do some fancy work. I hope that S would like it and wear from this autumn.

ローワンのウールコットンは、3 シーズン OK と言われているようですが、もしかすると、湿気の多い日本の晩春には暖かすぎるかもしれません。それと、このパターンは何度考えても前立てにずらりとならんだ貝ボタンがかわいいポイントなので、お花のアップリケを付けるとか、動物の形の刺しゅうをするとか、そういった欲求は封印しました。S ちゃんが気にいってくれて、秋ぐらいから着てくれるといいなと思います。黒いネコさん、無事に S ちゃんのところに届けてね。


Upgraded!

10 days ago/10日前The above photo was taken 10 days ago when kobushi magnolia didn’t bloom. 10 days past and now Japanese cherry are blooming. This late spring finally comes. The S’s vest project also reached the final phase. It is now being brocked. I will show you it next time.

The last Sunday I developed a fever of 38 degrees over. I didn’t have any reason. No cough, no snot. Just a fever. In an ordinally way, I take a cold medication. This time, I didn’t take any medicine. Because I’ve heard a doctor’s words at my neighbor clinic. The doctor said to a mother not to give her child unnecessary medicine. When a child got a high fever, his/her mother needs not to give him/her medicine, if he/she doesn’t look lifeless. Unnecessary medicine makes people take too long to heal. In my own case, I followed the doctor’s word. My fever went down on Monday morning. I felt that I conquered something. Here, I will stand up against this new fiscal year, with upgraded myself.

today, windy/今日、風強し上の写真は10日前に撮ったものです。あのころはコブシの花はまだつぼみでした。あれから10日が過ぎ、とうとう桜が咲き始めました。今年の春は遅かったけれど、ちゃんとやってきましたね。S ちゃんのベストもようやく最終段階にきました。ただいまブロッキング中。次回お披露目できると思います。

自分が一番驚いたのですが、日曜日に38度を超える熱が出ました。理由はよくわかりません。セキもハナミズもなくただ熱が出ただけ。普通なら、風邪薬でも飲むところですが、今回はお薬を飲みませんでした。どうしてかというと、花粉症の薬をもらいにいっている近所の耳鼻科で先生が、あるお母さんに「熱があっても、子供がぐったりしていなければ、熱さましは飲まさないほうがいい」と言っていたのを思い出したからなんです。薬を飲んでしまうと、治りが遅くなるんですって。その言葉を思い出したので、自分にも試してみたわけです。熱は月曜日の朝には下がりました。なんだったんだろう・・・よく分かりませんが、何かにうち勝った気分です。さて、新年度、なにやらバージョンアップした身体でがんばるとしますか。