Low-Temperature Burning Report

at Yamanashi prefectural Museum of Art/山梨県立美術館の庭a popular food in Yamanashi "ho-to"/山梨名物ほうとうT goes to a clinic twice or three times a week. Twice or three times! T is a half-freelancer so he can find time to go to the neighboring clinic. If he were a corporate wooker, he should go to a clinic near his workplace. When I was a child, they said; if you get a scrab on your wound, your wound is getting better. Don’t pick off the scrab. But now or for low-temperature burnings, scrabs is useless. His docotor says so, and scratches or cuts off his scrab without anesthesia! Without scrabs, his burning will get better soon. After a clinic visit, T always gets high. The treatment is so painful, I imagine.

湯たんぽで低温やけどをしてしまったオットですが、その後も週に2回か3回、皮膚科に通っています。週に2回も3回も、です。オットは比較的時間に自由がきく半分フリーランスみたいな職業だからいいけれど、もし、会社にお勤めしている人が低温やけどしちゃったら、職場のそばの病院にかかったほうがいいかもしれませんね。私が子供のころは、傷にかさぶたができたら治りかけているってことだから、かさぶたをはがしたりしたらダメだと言われていました。でも、最近はなのかやけどの場合はなのかは定かではないけれど、かさぶたは必要ないものなんですって。お医者さんはそうおっしゃって、せっかくできたかさぶたをガリガリっと削ったり、チョキチョキっと切ったりしてくださるそうです。麻酔はなしね。かさぶたがないほうが、やけどの治りが速いんですって。通院の後はかならず、オットはハイになって帰ってきます。ガリガリっとか、チョキチョキっとか、相当痛いんだろーなと想像する今日この頃です。

And about his elephant-like swollen ankle. Immediately after burning, he didn’t know if he could move his burned leg. He kept his leg  unmoved. But he was wrong. His blood flow was blocked because his blood vessels were missing due to the burning; the doctor said. If you had a burning on the leg, you should move your leg. It’s painful though. Moving your leg works as a pump, and blood flows. Flowing blood make the burning get better. My low-temparature burning report is period. I say again; Take care not to get low temparature burnings!

あと、足首が象のように腫れてしまったことについて。あれは「むくみ」でした。やけどをした直後は、足を動かしてもいいのかどうか分からなくて(発熱もしてたし)、大事をとってじっとしていました。でも、それは間違いなのだそうです。やけどをしたことによって、血管が失われているので(!)、血流が妨げられてしまっている。痛いけど、やけどをした足は動かさないといけないのだそうです。足を動かせば、足の筋肉がポンプの役割をして、血が流れるようになって、血が流れるようになれば、やけどもはやく治るらしいです。おお痛い。以上で低温やけどレポートを終わります。くれぐれも低温やけどしないように注意してくださいね。

広告

2件のコメント on “Low-Temperature Burning Report”

  1. lemon より:

    はじめまして、あみものGで拝見したこちらの記事ですが、未だにGのコメント法がわかってないので、こちらにコメントさせて下さいね。私も今年1/1にテイオンヤケドしました!! その後、最悪状態で病院に駆け込み、丸2ケ月は1日おきに通院でしたよ。毎回、麻酔なしのチョキチョキあり、それはもう悶絶でした。やはり、血行の循環が必要らしくて「タバコはやめないとなおりません」と言われ続け、(それはムリなんですけどねー)時間の経過とともに今は日の丸の火傷跡が足首に残ってます。

    • paopao1017 より:

      lemon さん
      コメントありがとうございます(^^
      おおお、やはりチョキチョキを体験なさったんですね。もう聞くだにオソロシイ。。。
      なんとか快方に向かわれたみたいでよかった(ホッ)。
      夏にむけてちょっとずつでも火傷跡が薄くなるといいですね。
      Gのほうでも遊びに行かせてくださいね!
      ↑と、思ったら、lemonさんのGの日記の名前がわかりませんでした。
      もしよかったら教えてください。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中