Hot-Water Bottles

hot-water bottles; naked/湯たんぽ(カバーなし)hot-water bottles; covered/湯たんぽ(カバーあり)hot-water bottle cover in progress/湯たんぽカバー作成中We have two hot-water bottles. The bigger one is my husband T’s, the smaller one is mine. I put a cute sheep-shape cover on mine, and two thin cotton flannel covers on his. The flannel covers were attatched the bottles. The size difference has no special significance. We just bought them in different shops at differet timing. Here is a question. Is a bigger hot-water bottle better than smaller one? The answer is No. The bigger one needs 2000ml and above hot water. Our kettle’s capacity is not enough. It is a pain to boil water in a kettle and a pan every night. And the bigger one takes forever to cool off. It is dangerous. Dangerous? Yes, it is very dangerous. T burned his leg by the bottle two days ago. Low-temperature burns are AWFUL. His leg was medium-rared and will take LONG to heal; his doctor said. The doctor also said “it is severely burned” when T said “I think it’s not so severe”. T reported that his doctor gave him an awful treatment (I omit the details). T saw the doctor immediately after he sensed his burn. Although that, he has run a fever as high as ful-related! Anyway, please take care in using a hot-water bottle. I am now knitting a hot-water bottle cover.

うちには湯たんぽが 2 つあります。夫婦茶碗的発想で大きい方がオットの、小さい方が私のものです。私の湯たんぽにはかわいい羊ちゃんのカバーをかけていますが、オットのには湯たんぽを買ったときにおまけでついてきたうっすーいネル生地のカバーを 2 重にしてかけています。湯たんぽの大きさが違うことに意味はなくて、違う時期に違うお店で買ったらたまたまそうだったというだけです。さて、ここでクイズです。大きな湯たんぽは小さな湯たんぽより優れているでしょうか?答えは「いいえ」です。大きな湯たんぽには 2 リットル以上の熱湯を入れないといけません。うちのやかんは一度にそれだけの量のお湯は沸かせないので、毎晩やかんと鍋でお湯を沸かすことになります。これがすごくメンドクサイ。そして、大きな湯たんぽはなかなか冷めません。これは危険です。それっていいことなんじゃ・・・いいえ、すごーく危険なんです。2 日ほど前、オットはこの湯たんぽでふくらはぎを蒸し焼きにしてしまいました。低温やけどって怖いです。お医者さんによると、オットのふくらはぎはミディアムレア状態で、そんなにすぐには治りません。オットが「たいしたことないと思うんですけど」と言って診せたら、先生は「たいしたことあります」とおっしゃり、それはそれはオソロシイ処置をしてくださったそうです(怖いので詳細は省略)。たまたま仕事がお休みだったので、低温やけどに気付いてすぐにお医者さんに診てもらってお薬をもらいましたが、それでもインフルエンザ並みの高熱が出ました。こわいこわい。湯たんぽを使うときには、くれぐれもやけどに注意してくださいね。現在、湯たんぽカバー制作中です。

広告

2件のコメント on “Hot-Water Bottles”

  1. のらねこ より:

    今日は寒かったですね〜。
    無印の湯たんぽ、買ったモノの使ってません。
    昔の湯たんぽはそのまま火にかけられるらしいスチール?だから
    ひょっとしたら2〜3日は使い回せたのかもしれないけど
    このプラの湯たんぽは毎晩お湯を沸かさなければならない…
    毎日洗濯する方は冷めたお湯を再利用できるのかもだけど
    私のような独り者は「捨てる」しかない。
    (だってこの冷めたお湯をまた「やかん」に入れるって何となくヤじゃない?)
    ビンボー症の私にはそんな事できませんっ(爆)
    この湯たんぽはあっつい熱湯を入れても大丈夫なの?
    ご主人、大丈夫?

    • paopao1017 より:

      熱が出たのはね、バイキンが入ったからですって(お医者さん談)。
      怖いですねー。いったいどんなバイキンなんでしょう。。。
      うちの湯たんぽは、ぐらぐら沸いているお湯を入れる仕様です。たぶん。
      70℃ぐらいとか、余計にめんどくさいですよね?
      そして私もあのお湯を捨てたり、やかんに戻したり、料理に使ったりできないです~。
      でもお水は大切にしないとなので、 湯船に入れて残り湯を洗濯に使うか、お皿を洗うのに使ってます。
      湯たんぽ使うようになったら寝付きがよくなりました。オススメですよ(やけどには注意ですけどね)。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中