Hot-Water Bottle Cover

fish-shaped hot-water bottle/お魚型湯たんぽカバーT’s leg gets better. His fever returned to his normal temperature. While, his burned side ankle is swallen like an elephant ankle, another ankle looks like a gazelle one. It will take long to heal as the doctor said. I completed a fish-shaped hot-water bottle cover. I wanted to attach buttons to it as eyes. But T begged me not to attach such thermally-conductive materials. I don’t think plastic buttons are “thermally-conductive”. Although that, I granted his wish and found satisfaction in taking photos putting buttons in the cover. In the project I intended to make a odd-looking fish. If so, T must not want to touch the fish. This will prevent him from low-temparature burning. My intention has succeeded. A purple and pale green fish looks like poisonous. At least you don’t want to eat it, don’t you?

step1: coat/手順1:かぶせますstep2: Put in/手順2:奥までいれますKnitting Notes: Used needle: sized-8 40cm long circular needle and a 3.5mm hook. Used yarn: unknown old wool. Pattern: original. For body part, I used Giraffe knitting pattern from “Fun with Wrist Warmers”. I amazed that the giraffe like pattern consists of simple k, p, and sl. The face part is 1×1 ribbed. The tail part is stock knitted. To make holes for a code, k3, yo, k2-together repeated at the beginning of the tail. The code is chain crocheted and atattched single crocheted balls to the both side.

step 3:squeeze it/手順3:ひき絞りますstep 4: tie in a bow/手順4:ちょう結びにしますオットの足は快方に向かっています。熱は平熱に戻りました。ただ、まだやけどをしたほうの足首はものすごく腫れています。両方の足首の太さを比べると象とガゼルぐらい違います。お医者さんの言うとおり、ちゃんと治るのには時間がかかりそうです。そうこうしているうちに、お魚型の湯たんぽカバーが完成しました。目の代わりにボタンを付けようとしたのですが、「そんな熱伝導のいいものを付けるのはやめてくれ」とオットが懇願するので、プラスチックのボタンが熱伝導がいいとは思いませんが、願いをきいてあげました(写真をとるときだけボタンを置いてみました)。今回は、「なんか変な感じのお魚」に仕上げようと思っていました(こんな魚、触りたくなーい、と思えば低温やけども防げるはず)。紫×黄緑なんて組み合わせの魚なんて、毒持ってそうだし、少なくとも美味しくはなさそう。目論みはいい感じで成功したように思います(自画自賛)。

wrong side/裏側beginning of the tail/尻尾の付け根編み物メモ。使用針:40cm長の8号(シンフォニーウッド)輪針と6号かぎ針。使用糸:使い古しのなぞのウール。パターン:オリジナル。胴体部分のパターンは、『編み地を楽しむリストウォーマー』の「ジラフ」の編み地です。表編み、裏編み、滑り目だけでキリンの模様ができちゃうなんてオドロキました。編み方がきついのか、紫色の糸のほうが黄緑色の糸より細いせいか、編み地が少しひきつってしまいました。顔の部分は 1 目ゴム編み、尻尾の部分はメリヤス編みです。尻尾の付け根のあたりで、4 目に一度かけ目をしてコードを通す穴を作りました。コードはくさり編み。両端にかぎ針で適当に編んだ玉を付けました。

広告

Hot-Water Bottles

hot-water bottles; naked/湯たんぽ(カバーなし)hot-water bottles; covered/湯たんぽ(カバーあり)hot-water bottle cover in progress/湯たんぽカバー作成中We have two hot-water bottles. The bigger one is my husband T’s, the smaller one is mine. I put a cute sheep-shape cover on mine, and two thin cotton flannel covers on his. The flannel covers were attatched the bottles. The size difference has no special significance. We just bought them in different shops at differet timing. Here is a question. Is a bigger hot-water bottle better than smaller one? The answer is No. The bigger one needs 2000ml and above hot water. Our kettle’s capacity is not enough. It is a pain to boil water in a kettle and a pan every night. And the bigger one takes forever to cool off. It is dangerous. Dangerous? Yes, it is very dangerous. T burned his leg by the bottle two days ago. Low-temperature burns are AWFUL. His leg was medium-rared and will take LONG to heal; his doctor said. The doctor also said “it is severely burned” when T said “I think it’s not so severe”. T reported that his doctor gave him an awful treatment (I omit the details). T saw the doctor immediately after he sensed his burn. Although that, he has run a fever as high as ful-related! Anyway, please take care in using a hot-water bottle. I am now knitting a hot-water bottle cover.

うちには湯たんぽが 2 つあります。夫婦茶碗的発想で大きい方がオットの、小さい方が私のものです。私の湯たんぽにはかわいい羊ちゃんのカバーをかけていますが、オットのには湯たんぽを買ったときにおまけでついてきたうっすーいネル生地のカバーを 2 重にしてかけています。湯たんぽの大きさが違うことに意味はなくて、違う時期に違うお店で買ったらたまたまそうだったというだけです。さて、ここでクイズです。大きな湯たんぽは小さな湯たんぽより優れているでしょうか?答えは「いいえ」です。大きな湯たんぽには 2 リットル以上の熱湯を入れないといけません。うちのやかんは一度にそれだけの量のお湯は沸かせないので、毎晩やかんと鍋でお湯を沸かすことになります。これがすごくメンドクサイ。そして、大きな湯たんぽはなかなか冷めません。これは危険です。それっていいことなんじゃ・・・いいえ、すごーく危険なんです。2 日ほど前、オットはこの湯たんぽでふくらはぎを蒸し焼きにしてしまいました。低温やけどって怖いです。お医者さんによると、オットのふくらはぎはミディアムレア状態で、そんなにすぐには治りません。オットが「たいしたことないと思うんですけど」と言って診せたら、先生は「たいしたことあります」とおっしゃり、それはそれはオソロシイ処置をしてくださったそうです(怖いので詳細は省略)。たまたま仕事がお休みだったので、低温やけどに気付いてすぐにお医者さんに診てもらってお薬をもらいましたが、それでもインフルエンザ並みの高熱が出ました。こわいこわい。湯たんぽを使うときには、くれぐれもやけどに注意してくださいね。現在、湯たんぽカバー制作中です。


Sparkle Neck Warmer

From Minato-no-mieru-oka park/丘公園からI went to Moto-machi by chance two days ago. The motomachi street is now having a sale named “charming sale”. I bought two simple sweaters after thinking for a long long time. I can get yarns relatively easily but cannot get made-up knitting crothes so easily. I cannot knit or crochet clothes as fast as I need, though.

一昨日、偶然元町を通りかかったら、チャーミングセールをやっていました。若いころは、元町でセールやったってそんなに買うものないし、とか思っていたけど(貧乏だったから?)、今見るとなかなかに魅力的でした。長考の末、シンプルなセーターを2枚買いました。毛糸は、比較的すんなり買えるけれど、ニット製品って考えに考えた末でないと買えません。必要なときに必要な基本アイテムをササッと編めるわけでもないのに、無駄遣いだろうかとか思ってしまう。。。冷静に考えると、編まない糸を買い込むほうがよっぽど無駄遣いなんですけどね。

Shiny Fur yarn/シャイニーファーはこんな糸ですCan you see a flower with six petals?/花びら6つのお花?Buttons on the neckwarmer/あり合わせのボタンをつけましたBetween projects, I made a sparkle neck warmer for my sister in law. I made a sparkle snood for her last year end. It was too luxurious for everyday life. So I retryed more casual one. The pattern is from “Ima Amitai Snood & Neckwarmer”, No.31 Neckwarmer with a Corsage. The yarn is Olympus Shiny Fur, l2ss two balls. The used hook is size 4.5mm. I attached 2 buttons to adjust the length when putting it on. It is difficult to crochet with this yarn. Because I cannot pick out a chain. I picked a chain that I guessed “this must be a chain”. I recommend that you make something at once with the yarn. If not so, we cannnot distinguish existing chains.

puttin it on shorter/短めに巻くとこんな感じputtin it on longer/長めに巻くとこんな感じプロジェクトの合間に、義妹にきらきらネックウォーマーを編みました。義妹には昨年末にきらきらスヌードを編みましたが、あれは、日常生活には向かないほどゴージャスだったので、今度は普段使いできそうな簡単なものをと思って。パターンは、『今編みたいスヌード&ネックウォーマー』の「No.31 コサージュつきネックウォーマー」です。シャイニーファー2玉弱でできました。糸があんまりふわふわしていて、1度編んだ目を見分けることができないので、この糸でかぎ針をするのは難しいです。このあたりにこま編みを編んだはず!と思うところに無理やり針をつっこんで編みあげました。この糸を使ってかぎ針をするなら、どこに何を編んだか覚えていられるうちに、いっきに仕上げちゃうことをお勧めします。


Hey Hey, My My Completed

completed!/できた!completed!/できた!FINALLY the “Hey Hey, My My” project has been completed. It took looong time. I appreciate this colder winter. I can wear it for a month from now. Knitting Notes; Pattaen: “Hey Hey, My My” by Reiko Kuwamura. Yarn: Kyoto Kinsyo’s Meriyasu wool 100%, color number 212, 4 strings together, total 290g. Needle: size 5 circular needle and 2.5mm hook. Others: 1 button from AVRIL. Gauge: 20sts/10cm. Size: used S-sized pattern to aim M-sized. Modification: I followed roko-san’s modification and lengthen sleeves. M-sized neck line is too large for me. So, I picked less sts for trimming.

ついについに “Hey Hey, My My” チュニックが完成しました。長い道のりでした。いつもより寒いこの冬に感謝です。いまから1か月ぐらいは着られると思います。 編み物メモ。パターン Reiko Kuwamura さんの “Hey Hey, My My”。使用糸:きんしょうさんの福袋に入っていた糸で、たぶん「メリヤス」というウール100%の糸。色番号212、4本取り。トータルで290g使用。使用針:シンフォニーウッドの5号輪針、4号かぎ針。その他:AVRILで買ったボタン1つ。ゲージ:10cmで20目。サイズ:ゲージが少し足りないので、Sサイズのパターンを使ってMサイズの出来上がりを目指しました。変更箇所:rokoさんのアレンジをそのまままねして、袖だけ長さを伸ばしました。M サイズの首回りは私には大きすぎたので、襟のところのトリムで少なく拾い目しました。

The trinity stitches consist of 3 knit together. I mistakenly knitted together sometimes. Thanks to the elastic wool yarn, the failure points don’t appear. The resulting tunic is very warm and lightweight. My first attempt; to make good for layering with slightly puffed sleeves was hardly done. I would like to use more chic color and follow the original shape next time.

トリニティスティッチはその名の通り3目一度から出来上がっているのですが、間違えて2目一度になってしまっているところがあります。ウールの糸は、特に4本取りしているので、ふわっとしていて間違えた箇所が目立たなくてよかった。出来上がったチュニックはとても暖かくて軽いです。袖をふわっとさせて重ね着用にしたいという当初のもくろみをなんとかクリアできました。次に編むとしたらもっとシックな色で、オリジナルの形で編んでみたいです。


Visiting Kichijoji

I had an opportunity to come to Tokyo in 2-day stretch. I went to Kichijoji today. And as a knitter, I stopped around AVRIL and Sheep Meadow. I’ve known AVRIL for years. About Sheep Meadow, I rushed into googling its existence this morning. I’ve known that there are many yarn shops in Kichijoji, but had little occasion to go there, and never checked which shops there are. Sheep Meadow is very small shop. Entering the shop, beautiful yarn balls greeted me. When I went, a small two people knitting class opened. Overhearing the class, I enjoyed the balls and bought some as a souvenir. With them I will knit something for my friend’s daughter who loves pink. Those who live in Tokyo can always check these yarn shops. It’s lovely. I envy them.

2 日続けて上京することになり、今日は(のらねこさんが休日出勤していたと思われる)吉祥寺に行ってきました。そして、編み物好きとして AVRIL と Sheep Meadow に寄ってきました。AVRIL のことは数年前に調べて知っていたのですが、Sheep Meadow というお店があるのは、吉祥寺に行くことが決まった今朝になって、あわてて Google 先生にききました。どうやら吉祥寺にはステキな毛糸屋さんがいくつもあるらしいとは知っていても、行く機会はほとんどないので、どんなお店があるのか具体的に調べてみたことはなかったんですね。Sheep Meadow はとてもこじんまりとしたお店で、学校のあるブロックの角にありました。AVRIL を背にして右斜め前の方向に進んだら見つかりました(迷いながら行ったのでファジーな説明しかできないらしい)。お店にはきれいな糸玉がたくさん並んでいます。私が行ったときには、先生一人、生徒一人だけの編み物教室が開かれていました。きちんと編み物を教えてもらえるなんていいなーと、二人の会話を小耳にはさみつつ、きれいな糸玉を堪能。記念に写真の毛糸を購入しました。だいたい 300g。これでピンクが好きな友人の娘ちゃんになにか編もうと思います。それにしても、東京に住んでいる人はこんなお店を日々チェックできるんですね。いいなー。(日々チェックできれば、「記念に」なんて無駄な買い物しないような気がする。気がするだけ?)。


Boiled Potatos

snowed last night/昨夜は雪でしたfinised sleeve/袖完成ですI finally made two sleeves and trimmed the neck-line. The remaining tasks are getting a button, sewing it and blocking. Actually I tryed the shorter version sleeves once (increasing rows + more 3 rows), but resultingly I lenghten them 25cm long (increasing rows + more 15 rows). Because the longer sleeves are warmer. To tell the truth I want to remake the sleeves. Next time, I would increase sts gradually instead of increasing in first 5 rows. If so, I could get the slightly puffed sleeves that I wanted to get. I learned that it is so difficult to realize what I want to get. A designer dowsn’t only have imagination about clothes but also techiniques about knitting.

仕上げの段階にきてもなお停滞していた Hey Hey, My My チュニックですが、ようやく両袖と首回りの縁編みが終わりました。残るは、ボタン付けとブロッキングのみ。実は、前回の日記のあと一度、短い袖(rokoさんと同じアレンジ、増やす段 + 3段)も作ってみたのですが、最終的にやっぱり長目の袖(増やす段 + 15 段、肩口からの長さ 25cm)にしました。袖の形としては、短いほうがかわいらしいのですが、長いほうがやっぱりあったかいから。短い方も編んでみたのは、私が作った長めバージョンのシルエットがいまいちなような気がしたから。もう気力は残っていないので、今回はこのままにしますが、本当はもう一度袖を編み直したいです。今はいきなり増やし目してその後は目数の増減なしで15段編んでいますが、次に編むときは数段おきに増やし目して徐々に袖口方向に広がっていくようにして、最後に一気に減らし目したいと思います。そうしたら、当初編みたいと思っていたちょっとだけふんわりした袖になるんじゃないかと思います。脳内のイメージを具体的な編み方に変換するのって難しーい。デザイナーさんたちや、上手にアレンジする人たちは、出来上がりのシルエットを次々に思いつくだけじゃなくて、それをパターンにおとすテクニックもあるんですね。

separated potatos/別皿のじゃがいもBy the way, I went Jinbo-cho for an errand today. I’ve heard that Jinbo-cho is famous for curried rice just years ago. I ate curried rice at a cafe. The cafe offers European style curry. I wonder is are there curried rice in Europe. In any Jinbo-cho curry cafe where I’ve gone, they serves curried rice and boiled potatos separatedly. Why “separatedly”? I want to know.

ところで、今日は用事があって神保町に行ってきました。ほんの数年前に知ったのですが、神保町はカレーの街なんですね。今日もカレーを食べてきました。今日行ったのは欧風カレーのお店。ヨーロッパにもカレーってあるのかなぁと思うけれど、日本人にはおなじみのあの欧風カレーです。神保町では何軒かカレー屋さんに入ったことがあって、どのお店でも、カレーライスとは別にゆでたじゃがいもがでました。たいていバターが付いている。どうして別皿?もしかして、別々に出るのが正しい”カレー”の姿なんでしょーか。


Chocolate Box

a piece of chocolate cake/チョコレートケーキYesterday was Saint Valentine’s Day. In Japan, women give chocolate to the men who they love on the day. We Japanese don’t know about Saint Valentine very much. We are manipulated by chocolate makers. In these days, not only women but men give something to whom they keep friends with.

My husband does not like sweet very much. For us, I can buy special chocolate which I want to eat for the day. Last month, when I went to a beauty shop, I’ve read about a nice chocolate gift box in a magazine. I decided to get the box this year and checked the shop. On February, I could not remember the shop name. I remembered the magazine name only. It was CREA that featured gifts, titled “the bible of gifts”. I searched it on the internet and book stores but could not get the information about the gift nor the magazine itself. In the meantime, I became busy and forgot the chocolate box and the Saint Valentine’s Day suddenly came. The photo is a piece of chocolate cake that I got at the neighborhood sweet shop. Our Saint Valentine’s Day was over. While I cannot give up that nice beautiful chocolate box. Will I get a haircut early?

昨日はバレンタインデーでしたね。昔は、女の子が好きな男の子にチョコレートをあげる日でしたが、最近は男女を問わず親しくしている人に何かをあげる日になっていっているみたいですね。私たち、バレンタインさんのことよく知らないしね。

我が家にはもう”女の子”も”男の子”もいないし、オットは甘いものがそんなに好きじゃないので、うちではバレンタインデーは、私が、自分の食べたい、普段買わないようなお高いチョコレートを買ってもいい日になっています。先月、美容院に行ったときに雑誌で素敵なチョコレートボックスを見つけました。仕切りのない箱に個別包装じゃないけどいろんな種類のチョコレートがどっさり入っているの。なんて素敵なんでしょう、これは是非今年のバレンタインに買いましょうと思って、早速お店の名前をチェックしました。そして2月。お店の名前を思い出せません。点々の付くカタカナが入っていたんだけど、そんな情報何の役にも立たない。クレアの『贈り物バイブル』だったので、その情報だけで調べられないかなーとネットで検索してみましたが、私の記憶にある素敵なチョコレートボックスはヒットせず、近所の本屋さんに行けども、数ヶ月前の雑誌は入手できず。そんなことをしているうちに仕事が忙しくなり、チョコレートのことは忘却。そして、バレンタインデーは昨日突然やってきたのでした。写真は近所のケーキ屋さんで買ったチョコレートケーキです。我が家のバレンタインデーはこれにて終了。うーん、しかしあのチョコレートボックスはあきらめ難い。いつもより早めに髪を切りに行こうかしら。