End Of 2011

the right side/表面the wrong side is also pretty/裏面もかわいいIt is 30 December 2011. One more day and the new year will start. The busy year end will be over. I will cheerfully enjoy my life next year. As this year’s last knitting event I got the blanket. The blanket is VERY BEAUTIFUL. I’ve never known that a blanket is such a nice thing. Some people makes a blanket for a new born baby. I’ve secretly thought that a clothes is better. I was wrong. With soft yarn, a blanket will be a nice gift. It may be more useful than clothes. I want to make one.

2011年もあとわずか。一日たてば新年ですね。せわしない年末も終わりです。来年も元気にがんばります。今年最後の編み物イベントとして、例のブランケットをゲットしました。このブランケットですが、もうもう、とってもきれい。ふわっふわ。色もいい。ブランケットってこんなにいいものだったのねー。赤ちゃんにブランケットを編んであげるという話をきくと、お洋服のほうがいいんじゃないのーなんて密かに思っていましたが、間違ってました。いい糸を使えば、ブランケットもすてきな贈り物になりそう。お洋服より実用的かも(お布団にするとか、赤ちゃんをくるむ、とか?)。編みたいな。

ブランケットの本来の趣旨とは全然関係ない話をしてしまう編み物おばかなところにも新年がこようとしています。ご~ん。


Still In Progress

Kagami-mochi/鏡もちThe IvyAnna tunics for my nieces projects are still open, as every year end. I finished new year cards two days ago, housecleaned yesterday, and offered a Kagami-mochi. I got a wrong sized Kagami-mochi. It is smaller than usual. Everyone knows that we have many tasks at year ends but almost everyone cannot do the tasks on schedule. That is why we call December as “Shiwasu” meaning the month everyone are runnning even if he/she is a teacher! “Shi” means “a teacher”. “Wasu” means “running”. So, my tasks are not done. I will go to town to buy buttons for tunics today. I don’t know why I did not prepare buttons in advance.

例年どおり、姪っ子たち用のお正月ニット、IvyAnnaチュニックはまだ完成していません。一昨日、やっとこ年賀状を書き、昨日、大掃除的な掃除をし(きれい好きな人だったら”日常の掃除”程度)、鏡餅をお供えしました。今年は、注文するときに間違えていつもより小さな鏡餅になってしまった。誰しもが年末はやることがいっぱいあるって分かってるのに、大抵の人は予定が押してしまう。師走が師走たる所以ですね(お前だけとか言わないで)。そんなわけで、まだまだやることがある私ですが、今日はチュニック用のボタンの買い出しに行ってきます。なんで前もって用意しておかないんだろう、私よ。


Bear Certification

niece and bear/姪っ子とクマさんThe bear safely arrived at my niece’s town. My little niece could not wait for Christmas and open the package. She really likes the bear, my sister e-mailed. The bear is certified as a bear. I am relieved.

クマさんは無事に姪っ子の住む町に着いたようです。そして姪っ子はクリスマスを待ち切れずにプレゼントを開けてしまい、そしてそして、とても気に入ってくれたそうです。どうやら、あのクマさんはクマさんとして認識されたらしい。よかったよかった。(それにしても、クリスマスプレゼントなのにクリスマス前に開けちゃっていいの?!おばちゃんはサンタさんじゃないからいいの?!?!)


Bear With Angel Wings

Front; he is pretty big/正面、意外と大きいですLook at what I made! This is a bear with angel wings. Do you think that it’s a mouse with a white night-fly? NO, it’s a bear wirh angel wings.

おばちゃん、がんばりました。天使の羽根が付いたくまさん完成です。背中に白い蛾がくっついてるネズミさんに見えるかもしれないけど、断じて、天使の羽根が付いたくまさんです。

Knitting Notes – Yarn: EVA Boucle, YOKOTA CO.,LTD (Daruma yarn), color no. 23/Totals : about 100g/Design: Arthur the Polar Bear by Janet McMahon from Yellow, Pink and Sparkly/Hook: 5.0mm(size 8)/Others:stuffing, glass pellets 150g, 8mm-sized black beads for eyes

Zoom up/顔のアップ編み物メモ – 使用糸:横田株式会社(ダルマ毛糸)のエバブークレ、色番23/ 使用量 約100g/ デザイン:Janet McMahon さんの “Arthur the Polar Bear”、”Pink and Sparkly” から/ 使用針:8号かぎ棒/その他材料:ぬいぐるみ用の綿、ガラスペレット 150g、8mm サイズの目

I lengthen arms and legs 2 rounds each, enfold the pellets with a old handkerchief, attached three beads as the eyes and nose, omitted the scarf of the pattern. The wings are hydrangea leaves from “Flower motif pattern” by Kuto Yukiko. I used Supan Silk Color Moll, Silk Hasegawa for wings.

Angel Wings?!/天使の羽にみえるか?!手と足はそれぞれ 2 周分づつ長くしました。ガラスペレットは古いハンカチで包んでおしりのところに入れ、目と鼻には 8mm のビーズ(目専用?)を付けました。パターンではくまさんにマフラーを巻いてあげているけど、これは省略。羽根は、黒ゆきこさんの『花モチーフパターン』のアジサイの葉っぱのパターンで(葉っぱじゃなくて、羽根ですけどね)、シルクハセガワのスパンシルクカラーモールを使って編みました。

The bear looked like a immature bird baby. After attaching the ears, eyes and nose, it was still a bird. Because the arms position were too low. I performed a surgery; cutting of the arms, reconstructed them, and attached them again. I learned that a real bear of course has his neck, but a stuffed bear doesn’t need a neck. If I could, I would stuff the head more. I really wish my little niece can take the leaves as angel wings, the mouse-like face as a bear one. The bear is now travelling to my niece.

Side/横向きこのくまさん、栄養不足の鳥のヒナみたいでした。耳を付けても、目鼻を付けても鳥のまま。どうも、手の位置が下すぎだったのが原因でした。そこで、大手術を決行。脇の下で切断して(はさみでチョキン)、腕を再建して(編み直し)、接合しました(つけ直し)。本物のくまさんにはもちろん首がありますが、ぬいぐるみのくまさんに首はいらないことを学びました。あとは、顔にもうちょっと綿をつめたらよかったのですが、もう、首をチョキンとする気力は残っていませんでした(糸始末をしてしまってからやり直したいと思い始め、でもその状況では糸端が見つけられない;涙)。姪っ子には、背中についた葉っぱが “天使の羽根” に、ねずみさんっぽいお顔も “くまさん” に見えますように。くまさんは今、クロネコさんに連れられて、姪っ子の住む町に向け移動中です。


Bear In Progress

I don’t like making amigurumis so much, because I cannot make what I want to make. To crochet parts is fun as usual, but to joint them is more difficult to finish a sweater or cardigan. Last night I confirmed this enough.

私はあみぐるみを作るのはそんなに好きじゃないのですが、その理由はなんといっても、こういう風につくりたいなと思い描いていたものが出来上がったためしがないからです。部品を次々に編んでいく過程はまぁ、楽しい。これは着るものと同じですが、あみぐるみをつなぎ合わせていく過程の難しさといったら、着るもののとじはぎなんて比じゃありません。昨夜も嫌というほど思い知らされました。ああ。もういやだ。。。

Just after crocheting all parts. My expectation is the highest.

パーツを編み終わったところ。今回はかわいいものが作れるんじゃないかと期待が一番高まります

The first attempt to join the head and body. It looked like an immature penguin baby.

最初に頭をつけてみたところ。栄養不足のペンギンのヒナのよう。

After stuffing more body and rejoining the head and body. I temporarily attached the eyes and nose with white head pins. Is It looked like a sea-otter child.

胸のあたりの綿を増やして頭をつけ直したところ。白いマチ針で目と鼻を仮止めしてみました。ぼのぼの?!
I will finish this “bear” this week end. I wish he would be a nice bear.

この週末にくまさんを完成させる予定。りっぱなくまさんになってくれるといいんだけど。

——

余談:なぜだか改行コードが入れられない。Wordpressじゃなくてもそんなものなんだろうか。<br>で十分なのになぜできない?!


Sparkle Cowl Completed

single/一重double/二重にしたところThe sparkle cowl was completed! Unfortunately photos can not show its sparkle. The stock knitted right side looks like real fur though, it is fake (polyester 81% and nylon 19%). I thought it is not so warm and I was anxious my sister feels cold in snow. But I was wrong. It is pretty warm. It must useful in Hokkaido. Another anxious point; it looks too luxurious for every-day-use. If my sister were a child. her friends would say “Are you going to a party?” I am glad she is an adult.

きらきらスヌード完成です! 残念ながら、きらきら感が伝わる写真は撮れませんでした。メリヤス編みの編み地は本物の毛皮みたいです(いや、ホントに)が、そうはいっても本物ではないので(ポリエステル81%、ナイロン19%)、たいして暖かくはないだろうなと思っていました。雪の中で使ったら寒いんじゃないかと密かに心配してたのですが、予想ははずれました。なかなかに暖かいスヌードになりました。これなら、北海道でも役に立ってくれるでしょう。しかし、別の問題が1つ。どうも、このスヌード、普段使いにはゴージャス過ぎるような気が・・・。もし妹が小学生だったら、絶対に、「やーい、パーティに行くみたいな格好してる~。」みたいにからかわれると思う。もう小学生じゃないってステキ。

Knitting Notes – Yarn: Shiny Fur, Olympus, color no. 2/Totals : about 170g/Size: 30cm wide, 130cm total length/Number of sts: 52/Needle: 4.5mm(Japanese size 8)/How to make: The first and last st is garter knitted, others are stock knitted.

編み物メモ – 使用糸:オリムパスのシャイニーファー、色番2/ 使用量 約170g/ サイズ:幅30cm、全長130cm/ 目数:52/ 使用針:8号棒針/編み方:両端の1目ずつガーター編み、他はメリヤス編。


Why I am Rushing

eclipse/月食You might think that I need not to feel heat in such a simple cowl. Actually I have another challenge. My little niece asked me to give her a knitted/crochetted bear for Christmas. She said “give me a bear with angel wings. I want you to make it with yarns!” I really wanted to say; A bear doesn’t have angel wings. Your aunt wants to buy something for you but doesn’t have time to knit something for you. And actually your aunt doesn’t like making an amigurumi. But I couldn’t. After a while my sister, her mother sent me a photo. It is a sample of a bear with wings. I really really wanted to say; Such a bear must be in a toy shop. But I couldn’t. So now, I am desperately knitting a sparkling cowl and prepareing for a bear. I wanted to use Hamanaka Prumage yarns. I’d used the yarn once. I thought it is the best for amigurumi. But Hamanaka no longer produce it. I’m in touble.

bear with wings/羽付きくまここ数日の私の慌てぶりに、シンプルなメリヤス編みのスヌードにそんなに慌てることないんじゃないかと思われる方がいるかもしれませんが、実はもう 1 つ「編まねばならないもの」があるんです。姪っ子(ちっさいほう)がクリスマスプレゼントに「天使の羽根のついたくまさんが欲しい。毛糸で編んだやつ」とか言いだしまして。くまさんには天使の羽根なんか生えません、とか、おばちゃん何か買ってあげようと思ってたけど何か作ってあげる時間はないのよ、とか、おばちゃんはあみぐるみ作るのそんなに好きじゃないんだよね、とか、言いたいことは山ほどありますが、ちっさい子にそのなこと言えませんでした。電話のちょっと後で姪っ子の母である妹から「こんなくまさんが欲しいらしい」というメールと写真が送られてきました。私は心の底から、そんなくまさんはサンリオ的なおもちゃ屋さんに行けば売ってるでしょと言いたかった。しかし、それを言っちゃあ終しまいでしょう。そんなわけで、今、必死になってきらきらスヌードを編んでいるわけです。くまさんにはハマナカのプルマージュという糸を使うつもりでいました。しっとりふわふわであみぐるみにはぴったりだと思うのですが、なんとすでに廃番になっていました。困ったなー。