Feeling In My Bones

two days ago/2 日前current/今The left photo was took two days ago. The right photo is current status. Yes, I am knitting body-part again. Two days ago, I felt in my borns that I should try the tunic on. My niece is chubby. I, who am poorly skinny, can wear her tops, slightly tighten of couse. My calculation (I tryed it!) said the A-line increment rate is right though, I followed my feeling. My feeling was right. The increment rate was too much. Too incremented body made me cool. My calculation is useless.

左側の写真は 2 日前、右側の写真は現時点です。はい。チュニックの身頃を編み直しています。2 日前、なんだか急に試着してみたほうがいいんじゃないかという気がしました。姪っ子はちょっとぽっちゃりちゃんなので、上半身が貧相な私が試着してちょっときついぐらいが、彼女のジャストサイズです。身頃のメリヤス部分にはいったとき、珍しく計算してみて、増やし目する位置を決めてがんがん編んでいたのですが、虫の知らせというのでしょーか、試着したほうがいいよという声がきこえたのです。この声は正しかった(編み物の神様の声だった?!)。増し目しすぎていて、すーすーして寒い状態(Aラインの裾が広がりすぎ)になっていました。私の計算ってほんと当てにならないわ。(前回、「戦略」がどーとか書いたくせに、輪針をはずすのがめんどくさくて、チェックを怠っていたのもいけなかった)。


Classic Concert

I went a concert/コンサートに行ってきましたYesterday, we, my sistyer in law and I, toured our “Let’s try unusual things in Tokyo” the second. We had a meal at Omotesando, strolled down the street, hesitantly looked in at stores for young people at Harajuku, strayed to find a cafe, finally reached NHK Hall, and listened to a concert of NHK Cymphony Orchestra, TOKYO. I enjoyed the concert, although I don’t know music at all. When I phoned the orchestra guide to book the tickets, I tell the desk honestly; This will be my first experience of a classic concert, I want to get nice sheets but I don’t know how to behave, and I want not to be confused, please select the appropriate sheets for me. The desk person was very very kind. He patiently listened to me, suggested nice sheets and said “You will be all right, enjoy the concert”. His selection was great. I sat back and relaxed with my sister, at the front backward sheets and enjoyed music and watching people. The female members weared long black dresses as if they usually wear long dresses. Some audiences napped happily. At the end of the concert, I heard the steppings of the members to cerebrate the soprano singer or the conductor. I’ve just known the scene from a comic “Nodame Cantabile”. I was impressed. I learned that there are many interested things except music in a classic concert.

昨日は、義妹との「東京でいつもと違うことをしようツアー 第2弾」でした。表参道で腹ごしらえをして、通りをふらふら歩き、原宿で若者向けのお店を気後れしつつのぞき、お茶するところを探して路頭に迷ったあげくに NHK ホールに辿りつき、N響の定期演奏会を聴いてきました。私は、音楽に対するゾーケーなど全くないのですが、楽しかったです。 このコンサートのチケットは、N響ガイドに電話してとりました。電話をして、クラシックのコンサートは初めてで、初めてだからいい席がいいように思うけど、どう振る舞っていいのか分からないのでまごまごしなくていいような席を選んでください、と頼んでみました(本当に迷惑だっただろうなー)。電話にでてくれた人はとても親切で、そんなわけのわからない電話にも嫌な声を出さず、おばはんのたわごとを辛抱強く聞いてくれて、席を提案してくれて、「いろんな方がいらっしゃるので心配しなくて大丈夫です。楽しんでくださいね。」とか言ってくれました。正面なんだけど、後ろのほうという、私みたいな人にはとてもよい席でした。のんびりリラックスできて、音楽と状況観察を楽しめました。女性の団員さんは素敵な黒いロングドレスで正装しているわけなのですが、もうまったく普段着みたいに着こなしているし、結構たくさんの観客が演奏中に寝ちゃってるし、演奏の最後には漫画(のだめ)の中でしか知らなかったオーケストラ団員がソリストや指揮者をたたえるために踏みならすドンドンという音もきけちゃうし。感動でした。クラシックのコンサートには音楽以外にもおもしろいことがいっぱいありました。ぶらぼー。

By the way, our Tokyo sightseeing tours were finished. I am back to my everyday life. From tomorrow I will work hard.

さて、私たちの東京観光ツアーは終わりました。日常生活に戻って明日からまたこつこつ働くとしますか(新しい毛糸も欲しいしね)。


Nice Sterategy

finish knitting/編み終わり!in progress/進行中The smaller version IvyAnna tunic appears. I am plannning to attach some crochetted frolowers on it and thinking which are better colourful frolowes or chic ones.
A black tunic under the IvyAnna tunic in the photos is my little niece’s. I asked my sister to give me their tunics whose sizes would be fit for them this winter. I can compare my works with them in knitting. My little niece’s tunic is 110cm tall size. The size is same as 63.5cm/chest of IvyAnna. Always I cannot get just-sizes for bigger niece, because her size is often not in patterns. Calculating sizes is difficult for me. But having models and keeping checking sizes don’t need numbers. This is a nice “sterategy”.

小さいバージョンの IvyAnna チュニックが姿を現しました! これにかぎ針編みのお花をつけようかなと思っていて、カラフルなモチーフにするかシックな色合いのものにするか思案中です。
写真で、IvyAnna チュニックの下に敷いてある黒っぽいものは、小さいほうの姪っ子のチュニックです。この冬、姪っ子たちにちょうどよくなると思われるサイズのチュニックを妹に送ってもらって、編みながら合わせてサイズをチェックしています。小さいほうの姪っ子のチュニックは身長110cm用ですが、これは、IvyAnnaのサイズでいうところの胸囲63.cmと同じでした(こういうことって、近くに小さい子がいないと分かんないんですよね)。おねえちゃんのほうの姪っ子のサイズは、パターンに書かれていないことが多いので、いつもちょうどいいサイズが分からなくて苦労します(そしてたいてい首回りがセクシーすぎるものが出来上がる)。私はサイズ計算がまったくできないのですが、お手本があってサイズをチェックできれば、段数とか目数をちゃんと計算しておかなくてもなんとかなるので便利です。なかなかナイスな『戦略』かも(自画自賛中)。


Swatches

above: stock sts right side, below: garter sts/上:表メリヤス、下:ガーターabove: stock sts wrong side, below: garter sts/上:裏メリヤス、下:ガーターAt the weekend, I talked to my sister in law about her cape, which I will knit with Shiny Fur yarns. We settled on her new neck warmer that is a cowl instead of a cape. A cowl may be more convenient (she must have thought), and easier-to-knit (I thought). I got a pattern book “Ima Amitai Snood & Neckwarmer” from Boutique-sha. The title means “Cowls and Neckwarmer we want to knit now”. In Japanese, we call a cawl a snood. Actually I didn’t know what is a cowl or snood. I learned that a snood is a round scarf from the pattern book. Oh, I could do that without buying a pattern book. I immediately thought that. Such a rude woman I am. Any way I made two swatches with Shiny Fur. One is garter sts (the below), another is stock sts (the above). The above in the left photo is the right side. The above in the right photo is the wrong side. Both in photos and an actual look, we cannot distinguish them. I will show them to my sister next weekend. She will be confused by looking them. Of course I am confused.

先週末、シャイニーファーで編む予定の彼女のケープについて、義妹と話しをしまして、ケープじゃなくてスヌードにしようということに落ち着きました。スヌードのほうがケープよりも使い勝手がよいし(妹はそう思ったにちがいない)、編むのも簡単だから(これは私の胸の内)。で、さっそく『今編みたいスヌード&ネックウォーマー』という編み物本を入手しました。実は、私、スヌードってなんなのかよくわかっていなかったのです。編み物本によれば、スヌードというものはなんと「リング状につながったマフラー」なのだとか。なぁんだ。それならわざわざ編み物本を買うことなかったなー、無駄遣いだったかなーなんて思ってしまった、失礼極まりない私です。 ええと、それはともかく、シャイニーファーでスワッチを編んでみました。ガーター編み(写真下)とメリヤス編み(写真上)で編みました。左側の写真の上が表メリヤス編、右側の写真の上が裏メリヤス編です。はい。写真を見ても、実物をみても見分けがつきません。今度の週末も妹に会う予定なので、スワッチを見せてみようと思っていますが、見せられても困るだろうなー。いままさに私も困ってます(編みやすさからいったら、断然ガーター編みでサクサク進めるのが楽ちんなのですが、そんな手抜きをしていいのだろーか。表メリヤス編みの「若干」ふわふわ度が高い手触りも捨てがたい)。うーん、どうしよう。


Going a Kabuki

ice cream I ate at an act break/小倉もなかI saw a Kabuki play yesterday. My sister in law is in Tokyo for a training. We did Tokyo sightseeing, strolling Tsukiji, seeing a Kabuki and having tea in Ginza. Unfortunately, it rained heavily and windy. I, who love staying home and usually don’t go out so long, enjoyed our little trip.

昨日は歌舞伎を観にいってきました。義妹が研修で東京にきていて、東京観光をしたのです。築地をちょっとぶらぶらして、歌舞伎を観て、銀座でお茶してきました。雨がごぉごぉ降り、風がびゅーびゅー吹いていた中の強行軍でした。私は家にこもっているのが好きで、普段はそれほど長時間の外出はしませんが、昨日の小旅行は楽しかったです。

at Wako tea room/和光のティールームに行きましたThe Kabuki play was fantastic. We went on a time-travel. One of the programs was SAKANAYA SOGORO. In a play in the ‘sewamono’ category that depicts Edo period comonners’s life, actors don’t wear gorgeous costumes. As a beginner, I was sorry that. The story was amusing. Sogoro, Onoe Kikugoro was great. The actor is famous and I sometimes see him on tv. But I didn’t think that he is someone whom I saw on tv. Sogoro is Sogoro. Leading players look like big on the scene, even if their bodies are small. Is that the “aura”? During the program we used rental earphones. They told us the background information or must-see sights in advance. They are very useful and must for beginners.

歌舞伎はやっぱりすてきでした。時間旅行みたい。プログラムの1つは『魚屋宗五郎』という世話物でした。世話物って衣装が地味で、初心者には残念な感じがするのですが、お話は面白い。宗五郎を演じた菊五郎さんはときどきテレビでも見かける有名な役者さんですが、舞台の間は、「あーあの人はテレビでみたことがある」なんて一度も思いませんでした。だって宗五郎は宗五郎だから。主役級の役者さんって、実際の身体は小さくても、舞台の上ではなぜだか大きく見えます。あれが「おーら」というものなんでしょーか。舞台の間、私たちは劇場で貸してくれるイヤフォンガイドのお世話になりました。初心者にとって、あのイヤフォンガイドは必須です。「この先の舞は、この演目の見どころだから、ちゃんと見るように。」とか教えてくれるんですもの。あめーじんぐ!


Making Pockets

leaves/秋のはっぱSome time ago, my sister told me that little kids do want pockets. I see. So, now I am making pockets of the “IvyAnna” tunic. I refered “INSET POCKET” page in “Mary Thomas’s Knitting book”. The page descrives how to make a pocket in bottom-up knitting. I used the method in top-down knitting forcefully. I knew; I should search for an appropriate method in the Internet. But I wanted to knit instead of using my computer. Inner I said “this situation often results in a mess”. I ignored another me. Best of luck.

making pockets/ポケット作成中いつだったか妹が「小さい子にとってポケットは必須なんだよ、お姉ちゃん(今度なにか編んでくれるときにはポケットを付けてくれ)。」と言っていました。なるほど。そんなわけでいま、”IvyAnna” チュニックにポケット作成中です。『Mary Thomas’s Knitting book』の「INSET POCKET」のページを参考にしてみました。このページには、ボトムアップで編む場合のやり方が書いてあるのですが、トップダウンで編む “IvyAnna” に無理やりあてはめて進めています。ネットでよさそうな方法を探すべきなのは分かってるのですが、PC に向かうより編んでいたかったんですよね。内なる私が「こーいう状況ってたいてい失敗するんじゃ・・・」と言っていますが、無視です。どうかうまくいきますように。


IvyAnna Started

autumn has come/ようやく秋ですSo, I started “IvyAnna” tunics project for my nieces. The pattern includes several version for yarn types, lines and sizing. This is very useful. At first I am knitting for the little niece, using the Worsted A-line pattern for 63.5cm chest. For the little niece, I can follow an existing pattern. For the big niece, I need to enlarge it. After understanding the pattern, I will try customise. So far I re-knitted twice. The pattern instructs;
You need to use the 0.5mm smaller needle for yoke.
You need overlap the buttonholes end on the non-bottunholes end.
These instructions are common-sense though, I missed. I am still using the first yarn ball in the photos. Actually I prepared 20 balls. How will I use the leftover balls?

in flat/平置きin vertical/縦置きそんなわけで、姪っ子たち用の “IvyAnna” チュニックはじめました。このパターンでは、糸の太さ、シルエット、サイズを選べます(日本の編み物本もこういう構成で作ってくれたらいいのにといつも思います)。はじめに小さい方の姪っ子用に、並太糸、Aライン、胸囲63.5cmのパターンで編み始めました。小さい方の姪っ子には、パターンをそのまま使えるのですが、大きい方の姪っ子用には全体を大きくしないといけません。まずはパターンどおりに編んでちゃんと理解してから、「大きくする」調整をしようと思います。今のところ、2回編み直しました。パターンには、
ヨーク部分はボディ部分より2サイズほど小さい針を使うこと。
ボタンホールをあけた側は、あけていない側の上に重ねること。
とちゃんと書いてあるのですが、そしてこれはもちろん常識なのですが、間違えました。はは。写真の状態で、まだ1玉目を使っています。実は20玉も用意しちゃったのに。どうしましょう??