Secret

normal apple and Hita pear/普通のリンゴと日田梨I bought pears named Hita-Nashi (a pear made in Hita). They are much bigger than normal pears or apples. A door-knock fruit seller said “Hita-Nashi is the favorite pears of Tokugawa family”. One of them was delicious, but less delicious than expected. I know; I overestimated. Pears are pears.
I hardly open the door for a door-knocker. But one day, I unwittingly did for a person from a fruit store. From then, I sometimes buy fruits from people of the fruit store. After the shopping, I always think that the fruits may be expensive for me and I don’t tell the price to T. Although that, I open the door again. Is it some sort of magic?
The seller said the pears keep well. I will store the last one at room temperature. I expect that it would become very very delicious.

日田梨という梨を買いました。ふつうの梨やリンゴに比べると巨大です。梨売りのお兄ちゃんは「日田梨は徳川家御用達なんですよ~。」と言っていました。美味しかった。美味しかったけど、梨は梨なので、私が過度に期待したほどではありませんでした。(梨に何を期待したんだろう。私は)
私は、たいていの人がそうであるように、訪問販売の人が来てもめったに玄関を開けることはありません。でもある日、うっかり果物屋さんだっていうから玄関を開けてしまって、それ以来その果物屋さんの人からだけは、ときどき買いものしています。買った後はいつも、この果物はひょっとして、うちの生活水準を考えると高すぎるんじゃないだろーかと思って、いくらで買ったかはオットには秘密にします。なのですが、また玄関を開けてしまう。何らかの魔法なんでしょうか。
この梨は長持ちするそうです。残りの1個はしばらく常温に置いておいてから食べてみようと思います。もしかしたら、えもいわれぬすごい梨になるかも?!

sleeves/袖付け:失敗版と成功版The basic cardigan project is at the very last phase. The remaining tasks are weaving in yarn ends and sewing buttons. Actually I made a mistake. The sleeve hem are sewed inside, while they should be outside. If the hems are visible, they look like raglan sleeves. In the photo, the right black one is the last year success version, the left one is this year failed version. I don’t want to tray again, so I will keep the mistake secret to T.

さて、カーディガンはいよいよ最終段階に突入しました。あとは糸始末とボタン付けを残すのみです。うう、しかし、ここにきて間違いを犯してしまいました。袖山の縁(一目内側で減らし目をしたライン)を内側に縫いこんでしまいました。本来なら(たぶん)外側に見えるように袖付けをして、ラグラン袖風にするものなのですが。写真だと、右側の黒いのが去年作った成功バージョン、左側の青いのが今回の失敗バージョンです。ほどいてやり直すなんて無理。秘密にしちゃってもいいですよね?!


Basic Cardigan; Finishing

joined/つながりましたzoom/アップI washed curtains and cleaned windows this morning. It’s fine and crisp, my job breaks, and I decided today is the last chance to clean windows in this year. My inner voice said “do you want to finish the cardigan?” though, I carried out. I’ve just ordered yarns as a reward for my work. Wanpaku Dennis, Hamanaka for tunics of nieces. Shiny Fur, Olympus for a cape of sister in law.
The photos are the working cardigan. Shoulders and sleeves are jointed. Joints between shoulders, or sleeves and body show knitters’ skills. My work is amateur. When joinning shoulders, I always want to take a knitting class. I wish I had a magic to finish the cardigan.

午前中は一念発起して、カーテンの洗濯と窓ふきをしました。さわやかな秋晴れと仕事の切れ目が重なるなんて、今日は今年最後の窓ふきのチャンスに違いありません(知人に毎週窓ふきするという人がいますが、私は、年に2回とかしかしない)。『カーディガンを仕上げちゃえばいいじゃん』とささやくココロの声にうち勝って、がんばりました。で、さっき、私なりの大仕事のご褒美に、毛糸を注文しました。姪っ子たちのチュニック用にハマナカのわんぱくデニス、義妹のケープ用にオリンパスのシャイニーファー。(使い道の決まった糸だもの、無駄遣いではないない。)
写真は仕上げ途中のカーディガンです。肩をはいで、袖をつけたところ。肩はぎと袖付けって、ニッターのスキルが分かるところだと思うけど、私のはいかにも素人って感じです。肩と肩をくっつけるときにはいつも、編み物教室に行ったほうがいいよなぁと思います。カーディガンを仕上げられる魔法が使えたらなぁ。(本当に魔法使いだったら、もっと別のことしたほうがいいか。)


Best Before

from England/えげれす土産(いただきもの)The sleeves of the basic cardigan were finally completed. I will have to block the sleeves and body parts, sew up them, knit the collar, sew it closed, and attach bottuns. The goal is still far away. But I can see it. Cheer me up!
By the way, I went to see my father today. I found a foreign-made jam jar and shortbread on his dining table. They are souvenir of a neighbor who travelled England. We chatted about them for a while. Then suddenly my father said “Best Before! Oh, I can understand!” After a moment, I also said “Oh! I see. Best Before!!” At that moment, we got new vocabulary.
From now, I can ask a seller how long a food is in good condition, when going abroad. I would say “Best Before Until When. Can you understand my English?

best before/賞味期限~ついにカーディガンの袖が編み上がりました。あとは、袖と身頃をブロッキングして、綴じはぎして、襟を編んで、襟をとじ付けて(二重にする襟なのです)、ボタンをつけるだけ。道のりはまだ遠いけど、ゴールが小さく見えてきた感じです。がんばるぞー。
ところで、今日は実家の父のところに顔を出してきました。そうしたら、食卓の上に見慣れぬ舶来のジャムの瓶とクッキーを発見。ご近所さんのえげれす土産なんだそうです。このお土産についてちょっとしゃべっていたところ、父が唐突に、「べすとびふぉあーだって。へー。俺分かっちゃった。」などと言い出しました。私は一瞬、??となりましたが、「おー、なるほどー。べすとびふぉあーかー。」と納得しました。クッキーのパッケージを眺めていて、英語では賞味期限のことを “best before” と言うことに気付いたのです。ボキャブラリーが増えた瞬間でした。
これで、海外旅行に行った時にお店の人に賞味期限はいつですかって質問できるような気がします。英作文の練習はしてるけど英会話はからきしダメなので(脳に瞬発力がない)、”Best Before Until When?” みたいなおかしな言い方になると予想されますが。これって通じるかなぁ。


Hayabusa

sunlight/踊る光I went to “HAYABUSA” today. You know; a spacecraft Hayabusa returned to the earth two years ago. The movie is about the spacecraft and people around it. I’m not a space enthusiast. At that time, I thought about Hayabusa as a person, his loneliness for years and his endeavours to return home. And I cried my eyes out when seeing him burning out into the inner space. And also today, I cried watching the movie.
Japanese space scientists in the movie are literally poorer, for example, than people of NASA, who are on TV. They are far cleverer than ordinary people. Even so, each of them is a member of an organization and working hard in the limited budget every day. Someone’s contract expires before the end of a project. In that way, the movie is not only for space enthusiasts or children but for people who work every day.
I strongly recommend “HAYABUSA”. You would be moved. I swear.

今日は、映画『はやぶさ』を見てきました。あの有名な、一昨年地球に戻ってきた宇宙探査機のはやぶさと、はやぶさを取り囲む人々の映画です。私は特に天文ファンではないですが、当時、はやぶさを擬人化しちゃって、はやぶさ君の長年に渡る孤独とか、帰還に向けての努力とかを思っては、はやぶさが君が大気圏の中(←たぶん)で燃え尽きる映像に大泣きしたものでした。そして、今日も、映画をみて号泣です。
日本の宇宙科学者って、テレビでみかける、たとえばNASAの人たちに比べると、なんだかとっても貧乏なんですね。宇宙科学者なんだから、もちろん普通の人に比べたらめちゃくちゃ賢いのでしょうけれど、やっぱり組織の一員にすぎなくて、限られた予算の中でこつこつ働いて、プロジェクトの終了前に契約が切れちゃう人もいたりします。そういう意味で、この映画は天文ファンとか将来宇宙を目指す子供たちだけじゃなくって、日々働く大人たち向きです。(ま、映画だからそうですね。)
映画『はやぶさ』めちゃくちゃお薦めです。号泣必至です(終わっちゃうといけないから早く見に行ってくださーい)。


My Symphonie Wood

my Symphonie Wood/私のシンフォニーウッドはこんな色A KnitPro, Symphonie Wood interchangeable Needle Deluxe Set has come! My sister gave me it as my birthday present. She has never done shoppings at an online shop. This is her first internet shopping. And she is not interested in knitting at all. So, she anxiously asked me “did you really want it?”
YES, your big sister really wanted these mystery bars and weird cables. Thank you.

ニットプロシンフォニーウッド付け替え式輪針デラックスセットがついに我が家にやってきました。妹からのお誕生日プレゼントです。妹は、これまでインターネットでお買いものなんかしたことがなくて、この輪針セットが「はじめてのお買いもの」でした。そしてさらに彼女は編み物にはまったく興味がないからだと思うのですが、「本当にこれが欲しかったの?」とか言ってきました。
そうです。あなたのおねえちゃんは、この謎の棒と不思議なケーブルが本当に欲しかったんです。ありがとう。

Snowman in Sapporo, 7days a week/札幌でみつけた雪だるま、年中無休Symphonie Wood are darker than expected but colorful enough for knitting needles. Their heads are sharper. I will use one pair of them for the next project, even if it doesn’t need a circular kneedle. I am really looking forward to the next, and looking at my current delayed cardigan’s sleeves.

シンフォニーウッドの色は、想像していたよりは暗い感じですが、編み棒としては十分カラフルです。針先も思っていたよりとがっています。次は、輪針を使う必要なんかなくったって、この輪針を使おうと思っています(その前に、針とケーブルのつなげ方を解明しないと)。あー、楽しみ。楽しみにしつつ、遅々として進まないカーディガンの袖をじっと見る。うう。


Knitting Orders

mount Yotei/羊蹄山I traveled Hokkaido with a pattern book, yarn balls and knitting needles. In Sapporo, I took a look around handicraft shops. But, you know, I had never intended to cast on. For me knitting is usual thing and travelling is unusual. During the trip I had been busy in drinking, chatting, drinking, eating a corn at Odori park, drinking, and soaking in a hot spring.
But I took some knitting orders from mother and sisters in law. A cape for little sister, doily laces for big sister, fingerless glove for mother. They all like handicraft and must allow me take so long. The most concrete project is for a cape. We have already chosen a yarn; Shiny Fur from Olympus, color number 02. I’m looking forward to working that fluffy brilliant brand-new yarn.

a corn/とうきびさて。編み物本と毛糸と編み棒を携えて北海道旅行をしてきた私は、札幌では手芸店めぐりもしました。しかし、おそらく大方の予想どおり、編み始めようとは一度も思いませんでした。編み物って日常の行為だけど、旅は非日常ですし、旅行中は、お酒を飲んだり、おしゃべりしたり、お酒を飲んだり、大通り公園でとうきび食べたり、お酒を飲んだり、温泉につかったり、とにかく忙しかったのでした。
でもでも、義母と義姉妹から編み物の注文は取ってきました。妹にはケープ、姉さんにはレースのドイリー、母には指なし手袋というオーダーです(指なし手袋はかなり誘導尋問的な受注でしたが)。みんな手芸好きなので、とんでもなく時間がかかっても許してくれるはず。この中で一番具体的なのはケープです。もう糸も決めてきました。オリムパスのシャイニーファー、色番は 2 番。太い編み針でざくざく編めそうな今年の新作です。ふわふわでキラキラなこの糸を早く使ってみたいです。


Handicrafts Shops in Sapporo

Japanese Rowan/ナナカマドI am back from the north. Now, Donan in Hokkaido is in beautiful autumn season. In mountains, trees have turned into bright yellow. In towns, Japanese Rowan trees are fruiting in red. Nice timing to visit. My sister in law conducted me through Sapporo. We had a look at handicrafts shops, Mariya, Canariya and Mutsumiya. They are unique respectively. There is Yuzawaya on the same street of Canariya and Mutsumiya. Four large handicrafts shops in walking sphere! It’s wonderful. I only just stopped short of buying yarns that are on sale anywhere. When travelling, people want more.

Mariya/マリヤCanariya and Mutsumiya・カナリヤとむつみや北の大地から帰ってきました。今の時期の道南地方はとてもいい季節でした。山のほうではきれいな紅葉が見られるし、町のほうではナナカマドの実が赤くなっています。キレイでした。妹に札幌を案内してもらった日に、手芸店ものぞいてきました。マリヤ、カナリヤ、むつみや、というお店です。それぞれ個性的。カナリヤとむつみやは隣り合っているのですが、同じ通りにはユザワヤもありました。大きな手芸店が徒歩圏に 4 つも! なんて素敵なんでしょう。札幌周辺の手芸好きのみなさんがうらやましい。私は、あやうく日本全国どこでも買える糸を買うところでした。旅行中はお買いものアドレナリンがでてるから。あぶないあぶない。