Knitting Cafe

Hydrangea/アジサイI went to a knit cafe yesterday after desperately making time for it. It is open at a culture center twice a month. Its formal name is “Knit cafe in English”. Yes, it is a class of knitting and English conversation. I joined the class as a trial. When I found the class, I had so little work to do. “Knitting and English! The class must be for me”; I thought. But now I am pretty busy. Self-managing is so difficult.

昨日は必死になって時間を作ってニットカフェに行ってきました。このカフェというのは、月に2回、とあるカルチャーセンターで開かれるもので、正式名称は「ニットカフェ in English」。そうなんです。編み物と英会話のお教室です。それを体験受講させてもらってきました。こういうクラスがあることを発見したとき、私はかなりヒマでした。「編み物と英語なんて私のためにあるクラスじゃないのー。」と勇んで体験受講を申し込んだものの、今は(というか、たぶん今だけ)とても忙しい。スケジュールの自己管理って本当に難しいです。

The class had one instructor and three formal participants except me. The instructor was young European man. He addressed each participant by turns and gave advices about knitting. In this situation, you should not expect to improve your English conversation skill. He also speaks in Japanese well, and participants talk each other in Japanese. I didn’t care about that. If I want to improve my English conversation skill, I must go to English conversation school. The main part of the class was knitting. I enjoyed the class.

それで、クラスですが、先生が 1 人と私以外の正式な生徒さんは 3 人でした。先生は若い男性のたぶんヨーロッパの人でした。先生がひとりひとりに順番に話かけて、編み物に関するアドバイスをくれる形でクラスが進行されました。この状況で英会話のスキルを上げるのはムリですね。先生も日本語を上手に話すし、私たち生徒同士も日本語でしゃべっちゃうし。この点は、想定の範囲内というか、仕方ないかなと思います。英会話を上達させたいならマンツーマンの英会話学校に行かなきゃ、ですものね(私はなんかもうこのまましゃべれないままでいきます)。このクラスのメインはやっぱり編み物です。そしてこのメインはとても楽しかったです。

I looked people knitting at the first time. I was interested in other people’s yarns and color combinations. And more, I was taught how to knit a rib-knitting called “English-rib” in Japanese. I had tried to knit “English-rib” several times, but I could not understand how to do. I gave up a pattern with “English-rib”. The instructor and a participant taught me. I was very happy. It is nice to have nice teachers.

他の人が編むのをじっと見る経験はこれまでになかったし、他の人の糸選びや色合わせもとても興味深く眺めてきました。そしてなにより、イギリスゴム編み(英語ではイギリスゴム編みって言わないよね?)の編み方を教えてもらっちゃいました。イギリスゴム編みにはこれまで何度か挑戦したことがあるのですが、どうしてもやり方が分からなくて、イギリスゴム編みしなきゃいけないパターンなんか編まないからいいもんねと思っていたのですが、先生と生徒さんの一人が教えてくださいました。もー、目からウロコです。編まない、というか、糸をかける段が必要だったんですね。それが分からなくて、イギリスゴム編みやろうとすると編み地がひきつるから嫌だと思ってました。持つべきものはよき先生だわ。

When I become to be good self manager, I will join a knitting class.

今回は残念ながら見合わせるけど、もうちょっと自分のスケジュールを自分でコントロールできるようになったら、編み物教室にはぜひぜひ行ってみたいです。楽しかった~。


Think Of Japan While Knitting

Beginning of rainy season/梅雨入りしましたflowers in rain/雨にぬれる花I have been very busy since I wrote the last log. When I worked for a company, it was no wonder that I belonged to a project. As a freelancer, beeing busy is a happy thing. If there is a job, I definitely undertake it. I should consider a balance between my work and life.

い、いそがしかった。。。前回更新して以来、知恵熱がでるかと思うほど仕事漬けでした。会社にお勤めをしていたときは、仕事があるって当たり前のことでしたが、今はフリーランスなので、忙しくできるというのは幸せなことです。誰かが仕事をくれるといったらば、犬のよーに請け負ってしまいます。しかし、ワークライフバランスとかいうものについてもちゃんと考えないと、ですね。

By the way, I found a project “Think Of JAPAN While Knitting”. Japan branch is in Kansai. This is from Tronto for supporting orphans of the disaster. People crochet motifs, make blankets etc with them, sell them, and donate the proceeds to the Ashinaga NPO. I will make some motifs for it.

ところで、”Think Of JAPAN While Knitting”  というプロジェクトがあるのを見つけました。日本では関西に支部があります。トロント発のプロジェクトで震災を含む災害による孤児をサポートしようというもので、かぎ針モチーフを一緒に編んだり持ち寄ってブランケットなどを作り、それを売って得たお金をあしなが育英会に寄付するプロジェクトです。私もモチーフ編もうと思います。

Immediately after the earthquake, I had a discussion with another myself;
Me        : I should do something!
Another Me: Do you have any ability to directly help people in the disaster area?
Me        : No. How about if I knit gloves or hats?
Another Me: Can you prepare enough warmers NOW?
Me        : No.
Another Me: So, will you do nothing?
Me        : No. I can make donation.
Another Me: Just once?
Me        : No. I will make donations for years.
Both Me   : We wish we were super rich!!
Money is important. If you have some money to pay for nice yarns, you can buy a functional hat and some daily necessities. There are two things in this world. The one is what we can buy with money. The another is what we can not buy with money. The earthquake and tsunami cleared away everything. What we can not buy, such as loving people and homes, will never return. So, I who can directly do nothing for Tohoku will make donations. The project makes money and donation instead of giving knitting things. I like about that.

地震の後いろいろ考えました。何かしなくちゃと思うけれど、現地に行って役に立つことは何もできないし、そうかといって手編みの手袋やら帽子やらを編んだところで、あのときあの瞬間だったら必要だったかもしれないけど、手編みでのんびり編んでたら間に合わないし、数多く作れなければ何の意味もない。それじゃあ、どうするか。やっぱりお金。お金ってえげつないけど大切なものです。たとえば手袋や帽子を編むのにいい毛糸を買うお金があったら、それで最近の機能的な既製品を買って、残ったお金で他に必要な日用品が買えます。この世にはお金で買えるものと、お金で買えないものがあります。地震や津波でなにもかも流され、壊され、損なわれてしまって、特にお金で買えないもの、大切な人とかあたたかいおうちとか、そういうものはもう取り戻すことはできません。だから、せめてお金。私のように現地で直接役に立つ能力がない人は寄付を続けるしかないでしょう、という結論に達しました。巨額の寄付はできないけど、毎月こつこつしようと思っています。このプロジェクトも、編んだものをどうこうするのではなく、お金にして寄付するという点がいいと思います。
Some people, including another myself, say; this project is for people who live in other countries. You live in Japan. You can do something else. I must admit that. I feel guilty for crocheting in my comfortable home.

そもそもこのプロジェクトは日本から遠く離れた国の人のためのプロジェクトで、日本に住んでいるなら他にできることがあるんじゃないのと考える人もいると思います。私の中のもう一人の私もそう考えます。この意見は正しい。快適なおうちでモチーフ編んでる自分はなんかちょっと偽善者なんじゃないのと思ったりもします。

Still, I knit or crochet something. I will crochet motifs every day. Better than nothing. 
それでもですね、どうせ私は何か編まずにはいられないんだから、毎日ちょっとずつモチーフを編もうと思います。そして、色々な考えの人が世の中にはいると分かっていても、このプロジェクトを日本でやってる若い人たちはすごいなとココロから思います。


Orange Snowcone

orange snowcone yesterday/昨日のみかん氷orange snowcone today/今日のみかん氷I went to a ballpark, Yokohama stadium, this two days. To be precise, I followed my husband who has loved Yokohama Bay-Stars since it was Taiyo Whales. The team lost 4 games straight. But he says “never mind, if you are a real Bay-Stars fan.”

週末は2日連続で横浜スタジアムに行ってきました。正確には、大洋時代からずっと横浜ファンのオットについて行ってきました。チームはまさかの4連敗。でも真の横浜ファンならこんなことぐらいでがっかりしてはいけないんだそうです。

Though I am not familiar with baseball, I like a ballpark. Especially I like time before a game. Before a game, all players are really gifted and beautiful. They run fast, throw a ball precisely, and hit a ball easily. In addition, it is enjoyable to waste money on junk food. The above are “orange snowcones” that are one of the famous specialties of Yokohama stadium. It is just pieces of mandarin oranges and syrup on ice. Eating it at home, it may not taste good. At the stadium, under the blue sky, it is really really delicious. If you have an opportunity to go to Yokohama stadium, you must eat one.

私は野球のことはよく分かりませんが、野球場は好きです。特に試合が始まる前の時間は楽しい。試合が始まる前に見ると、どの選手もみんな、野球の神様から選ばれた人なんだなと思います。すっごく早く走ったり、びゅわっとボールを投げたり、いとも簡単にボールを打ったりしています(<-こんな風にしか表現できない素人でも、すごい人たちだということが理解できます)。実際に見ると本当にかっこいいです。そしてなにより、ジャンクフードを買い食いするのが楽しい。上の写真は横浜スタジアム名物、「みかん氷」です。かき氷の上に缶詰のミカンがのっていて、シロップがかかっています。家で食べたら、たぶん、そんなにおいしいものではないと思うのですが、青い空の下、球場で食べると、それはそれはすばらしく美味なのです。スタジアムに行く機会がありましたら、ご賞味あれ。


A Wave in Seascape

dog and poppies/わんことヒナゲシWild poppies are blooming at a nearby riverside. When I was about to take photos there yesterday, a dog came up me. The dog was saying “what? what are you looking at?” I have had the same experience before. Are dogs interested in a crouching people?

近所に野良ヒナゲシがたくさん咲いている川岸があります。昨日そこで写真を撮ろうとしていたら、ワンコが「なになに?何見てんの?なんかあるの?」みたいな顔して寄ってきました。前にも同じ体験をしたことがあります。犬って、しゃがんでいる人間を見ると近づいてみたくなるものなのかしら?(まさか食べようと思って寄ってきているんぢゃ…?)

a wave/うね1つ分I am now enjoying the Seascape stole. I have just worked section B once. A wave appeared. The pattern is not difficult but complecated to memorise. Concentrating on following the pattern, suddenly a wave appears. It is a new experience for me.

Seascape Stole は楽しく編み進んでいます。セクション B を 1 回編んだところです。この模様は波がうねうねと続くのですが、そのうねうねの”うね”が 1 つ出てきたところです。パターン自体が難しいというわけではないのですが、複雑なので暗記はできません(私の場合)。ひたすらパターン通りに編んでいくと、突然”うね”が現れます。全体を見通せないのでちょっとはがゆい感じもしますが、それはそれで新鮮な感じがして楽しいです。


Seascape Stole Starting

Do you like to knit a swatch? I don’t. I am trying to like it.

スワッチを編むのは好きですか? 私はあまり好きではありません。めんどくさいし、すぐ編みたいから。正しい編み物好きになるべく、ゲージを取るところから好きになるよう鋭意努力中です。

a swatch/スワッチLast week I planned to start a project with Linen Lily yarn from Silk Hasegawa. At first I casted on about 20 sts and stock-knitted several rows for 1cm or so. Then, I binded off them. If I know how many sts are needed for 10 cm, I can start a project, I thought. But … I thought twice. The yarn is linen. I should soak the swatch in water, and check the before and after sizes. I collected myself and knitted a right swatch, about 10cm wide and 10cm long. The swatch is waiting for being steam-ironed, measured, soaked, dried in shade, steam-ironed, and measured again. It’s a long road to starting a project.

先週、シルク長谷川のリネンリリーで何か着るものを編みましょうと思い立ちました。そこで、20目ほど作ってちょこちょこっと1cmぐらい編んで伏せ止め。だいたい10cmに何目か分かれば、編み始めちゃっても大丈夫だと思ったんですね。でもでもです。ここで考え直しました。リネンの糸というものは、確か、水に通すとサイズが変わるから、ちゃんとスワッチを編んで水通ししてサイズを確認しないといけない、ということを。それで、ココロを入れ替えて10cm x 10cmぐらいの正しいスワッチを編みました。あとは、このスワッチにスチームアイロンかけて、水通し前のサイズを測って、水通しして、陰干しして、スチームアイロンかけて、またサイズを測ればいいだけです。おお、道のりは遠い。

fringe/最初のフリンジI started a stole project instead, because I really wanted to knit something soon. Actually, a stole project needs a swatch too. Stoles or shawls are broad-minded about sizes. I used a gima silk yarn that I bought last year at Tokyo art center. The color is really beautiful blue. The yarn is a bit stiff to hand knit. When I asked the shop owner if this yarn is suitable for a hand knitted stole, he asked it’s ok. It would be soft. I am looking foward to this project. The pattern is “Seascape Stole” from knitty summer 2008.

そんなわけで、どうしても何か編みたかった私は、代わりにストールを編み始めました。本当はストールだってスワッチが必要なんですけどね。ま、ストールとかショールとかは、ゲージに対して寛容だから。糸は、去年東京アートセンターで買った擬麻シルクです。とてもきれいな青い色をしています。手編みにはちょっと固い感じがしますが、去年お店でこの糸は手編みのストールに向いているかどうかきいたとき、お店のご主人(たぶん)は「大丈夫、柔らかくなるから」と言っていたので大丈夫でしょう(どきどき)。編み進めるのが楽しみです。パターンは、knitty summer 2008 の “Seascape Stole” です。