Bagel

bagle/ベーグルですI have just finished the two increasing rows for my Lady Kina cardigan. The total number of stitches is 280! Those stitces are dense on my a bit short circular needle. They look like a bagel. This yarn is soft and light. But for now, I can’t feel that softness by touching the bagel. First I aim to divide sleeves.

Lady Kina ですが、増やし目の2段が終わったところです。トータルの目数は280!私のちょっと短い輪針にびっしりとつまっています。もう、ベーグルみたいに固いです。この糸は柔らかくて軽いのですが、今のところ、このベーグルを触ってもその柔らかさは感じられません。まずは、袖の分割目指してがんばります。


Green Yarn

turf is green/芝生は緑色For the “my” basic cardigan project, I looked for gray yarns. I bought a Rowan all seasons cotton yarn befor purchasing the ZARA yarn. The Rowan yarn looked like pale gray in an online yarn shop photo. I knew that the color name is turf. I didn’t know what “turf” means. But I didn’t care. I just want the pale gray yarns in the photo. And … and I received “green” yarns. Now, I looked up “turf” in a dictionary. The dictionary says “turf means lawn.” Lawn … yes it’s green. The yarn green is not vivid but smoky. If I made the color with basic color palette, I would use blue, yellow and a bit white. Anyway I want not green but gray. I sadly stashed the Rowan yarns. I should check what a color name means from now on.

結局私のものになってしまったベーシックカーディガンですが、あのカーディガンのために私はグレーの糸を探しました。そして、ZARAの糸の前に、Rowanのオールシーズンズコットンを買いました。その糸は、ネットの毛糸屋さんの写真では薄いグレーにみえました。色の名前は turf。私はturfという単語の意味を知りませんでしたが、気にしませんでした。だって私が欲しいのは、あの写真にのっていた薄グレーの糸だから。でもでも、緑色の糸を受け取ったのです。今になって調べたら、turfは「芝の生えている草地」という意味でした。芝生。たしかに緑色ですね。この糸の緑は、明るい緑ではなくて、くすんだ感じです。基本の絵具でこの緑を作るとしたら、青と黄色にちょびっと白を足すと思います。それはともかく、当時は悲しくてこっそりとそのRowanの糸をしまいこんだ私です。これからは色の名前の意味をちゃんと確認しないといけませんね。

I started a new project with the Rowan all seasons cotton yarn. The pattern is “Lady Kina” from Ravelry. A Ravelry member used this pattern with Rowan all seasons cotton yarns. I will follow her notes.

昨日から、この糸を使って新しいプロジェクトをはじめました。パターンはRaverlyで見つけた “Lady Kina“。Raveryの中にこのパターンとRowanのオールシーズンズコットンで素敵に編んでいる方がいたので、真似するつもりです。


Ivy

Ivy/ツタToday was a windy day. The wind blew from the south. Spring has come. Unfortunately I must say this phrase in tears. Spring comes with ceder pollens. Yes, I have the ceder-pollen-allergy. I am now in tears, really.

今日は風の強い一日でした。風は南から吹いています。春が来ましたね。悲しいことに、私はこのフレーズを涙ながらに言わねばなりません。春はスギ花粉とともにやってきます。そうです、私はスギ花粉症。ほんとーに涙にくれています。

The above is a photo of a neighbor ivy which was planted last late summer. It looked almost death in the heat of the last late summer and in this winter. But it becomes green recently. It is alive. Oh, ivies naturally don’t have pollen-allergy.

上の写真は、去年の夏の終わりぐらいに植えられた、近所のツタです。あの残暑と冬の寒さの中でほとんど枯れたようになっていたのですが、最近緑が増してきました。生きてたんですね。あー、当たり前ですけど、ツタは花粉症なんかにならないんだろーなー。


Crochet Bolero Completed

crochet bolero in pink/ピンクのかぎ針編みボレロThe crochet bolero project was completed. This is my second project for “E. Moss Green Crochet Bolero” by Yumiko Kawaji from Kid’s Fantasy Knit. I maybe love this pattern because the model girl who wears this bolero in the book is cute. Although my nieces have typical Japanese faces, they looked nice in the borelos. It’s OK.

かぎ針編みのボレロ完成です。これは今シーズン 2 回目の「かぎ針編みボレロ」プロジェクトでした。パターンは川路ゆみこさんの『かわいい子どものニットでおでかけ物語』から、「E.モスグリーンのかぎ針編みボレロ」です。私がこのパターンを好きなのは、もしかすると、本の中でこれを着ているモデルの女の子がかわいいからなのかもしれません。まぁ、私の姪っ子たちは、典型的な日本人顔なのですが、似合っていましたので、よしとしますか。

crochet bolero in pink/ピンクのかぎ針編みボレロKnitting Note/編み物メモ
Yarn: 
Starmain Baby Washable, color no. 102 (pale pink)/ 使用糸:スターメインベビーウォッシャブル、色102(薄いピンク)
Totals : about 290g/ 使用量 約290g
Hook: 3.5mm/ 使用針:6号かぎ針
Others: 1.5cm buttons 5, grosgrain ribbon 1m/ その他材料:1.5cmのボタン5個、グログランリボン 1m

I choose pink buttons and pink ribbon finaly. My friend’s daughter seems to fall in love with pinks now. Pale gray may match the pink.

結局、ボタンとリボンの色はピンクにしました。友達のおじょうちゃんは今ピンクに夢中だそうなので。薄いグレーでもよかったかも。


Elves

buttons and hooks/ボタンとかぎ針There are only weaving yarns and sewing buttons steps for the crochet bolero project. I am now thinking about the button color; pink or white.

かぎ針編みボレロは、残すところは糸始末とボタン付けだけになりました。今はピンクと白、どっちの色のボタンを付けるか悩んでいるところです。

By the way, you will see two crochet-hooks in the photo. Yes, the missing hook appeared without notice. It came from my pouch in which I looked for it many times. Although I am not satisfied with this result, I am happy. Because the old one, made by Clover, is my favorite.

ところで、写真には 2 本のかぎ針が写っています。そうなんです、何の前触れもなくあの失くしたかぎ針がでてきたのです。しかも、何度も探した小物入れからでてきました。この結果には納得できないのですが、古いほうのかぎ針(クロバー製のほう)は愛用していたので、うれしいです。

Anyway, there must be elves in my house. They don’t make shoes. They hide a crochet-hook, and secretly return it to my pouch. I hope for them to do something more productive.

それはそうと、我が家にはこびとがいるに違いありません。うちのこびとは靴を作りません。かぎ針を隠して、ひそかに小物入れに戻します。もっと生産的なことをしてくれたらいいのに。


Thuberg Spirea

Thuberg Spirea/ユキヤナギI’ve just discovered a thuberg spirea having that tiny white flower. A thuberg spirea is a kind of plants which tell us spring. One of my friends, a neighbor cat, doesn’t stay much time in my house recently. She also tells me “spring has come.” We, human-beings, will feel warm soon.

ついさっき、ユキヤナギのあの白い花が 1 つだけ咲いているのを見つけました。ユキヤナギは、春を告げる植物の 1 つです。私のともだち、近所のネコさんも最近はあまり長い時間を私のうちで過ごしていかなくなりました。ネコさんも「もう春だよ」と言っています。もうすぐ私たち人間も暖かくなったなぁと感じられるんでしょうね。


Abura-age Incident

Camellia/椿My missing crochet-hook  is stiil missing. I bought a new one. It has two hooks on each tip. I love this “economical” style.

あの失くしたかぎ針はまだ見つかりません。新しいかぎ針を買いました。両端にかぎがついているものです。私はこの「経済的な」形が好きです。

By the way, when I missed the hook, I encountered an incident. One day, I opened a cupboard in which I usually keep Tupperwares, and then discovered an unbelievable thing. It was certainly a Tupperware. But it contained some minced abura-age (deep-fried tofu). The cupboard is not a refrigerator. I was very shocked and thought that the missing hook would not be discovered for a time.

ところで、かぎ針を失くしたころ、ある事件がありました。ある日、いつもタッパーウェアをしまっている戸棚を開けたら、信じられないものを発見しました。それは確かにタッパーウェアなんですけど、中に刻んだ油揚げが入っていたのです。戸棚は冷蔵庫ではありません。私はものすごくショックを受けて、あのかぎ針は当分出てこないだろうと思ったのでした。

When I told my mother in law about this abura-age incident, she told me another story. When she was young, she discovered her missing sunglasses in her freezer. There are many incidents in our everyday lives!

この「油揚げ」事件についてお義母さんに話したところ、別の話を教えてくれました。お義母さんが若かったころ、失くしたサングラスが冷凍庫の中からでてきたことがあったそうです。日常生活には事件がいっぱいですねー。