Tulip Tree

 
I leaned a tree named Tulip Tree next to Metasequoia.
Tulip Tree leaves form are very strange.
My reference book says "In Japan, a Tulip Tree is called hanten-boku because of its leaf form".
Hanten means a kind of kimono. (Its use resembles a cardigan, I think.)
Boku means a tree.
But I don’t think a Tulip Tree leaf resembles "hanten".
When my husband said "it looks like a cat face", I agreed with him.
 
メタセコイアの次に名前を覚えた木はユリノキです。
ユリノキの葉はとても不思議な形をしています。
参考にしている本には「葉が半纏のような形をしているのハンテンボクという」とありましたが、
私には半纏には見えませんでした。
ネコが正面を向いたときの顔の形に似ているかも。。
 

A Tulip Tree leaf/ ユリノキの葉
 
Tulip Tree root/ ユリノキの根
 

A Tulip Tree in front of Tokyo National Museum/ 国立博物館前のユリノキ
 
I had visited Tokyo National Museum many times.
But I’d never noticed there is a Tulip Tree and never intended to check the tree label.
It is important to have a intent to learn something.
 
国立博物館には何度も行っているのに、あの大きな木がユリノキだということも、
木の名前札(?)を見ようと思ったこともありませんでした。
なにかを学ぼうと思うことって大事です。

Ginkgo

 
I recently learned that Ginkgo and Magnolia are primitive trees.
I didn’t know that some trees are primitive and others are evolved.
Trees are trees, I had believed.
My reference book say "Ginkgo is prized as a living fossil in Europe".
One of my colleagues told me that a traveller take Ginkgo leaves as a suvenior in Japan.
Really ?
I am really really astonished.
Anyway, in autumn Ginkgo changes its leaves color beautifully.
I watched big Ginkgo trees in Ueno park.
 
最近、銀杏やモクレンは「プリミティブな」木であるということを知りました。
同じ木なのに、「原始的な木」や「進化した木」があるなんて知りませんでした。
参考にしている本に、「イチョウは、ヨーロッパでは生きた化石として珍重される。」とあるし、
職場の人も「日本に旅行に来た人はイチョウの葉っぱをお土産にするらしい。」と教えてくれました。
本当に?? びっくりです。
とにもかくにも、秋なので銀杏の葉がキレイに色づいています。
上野公園には、大きなイチョウの木がたくさんありました。
 

A big Ginkgo at the entrance of Ueno park/ 上野公園入口のイチョウの大木
 
Ginkgo’s bark/ イチョウの樹皮
 
Gibkgo leaves/ イチョウの葉っぱ

Metasequoia

The day I watched Platanses, I also watched Metasequoia.
Metasequoia is called Dawn Redwood.
I firstly learned that those fine leaves trees are named Metasequoia that day.
When I see Metasequoia, I always think that leaves seem to be tasty.
(I don’t know whether grass-eating animals like Metasequoia.
 Metasequoia may be too high to eat…)
I prefer Metasequoia.
The leaves are fine and dance with sunshine.

プラタナスを観察した日に、メタセコイアも観察しました。
これまで、あの細かい葉っぱを見かけるたびに「おいしそう」だと思ってきましたが、
メタセコイアという名前の木であることは、はじめて知りました。
細かな葉っぱが木漏れ日できらきら光るメタセコイアは、好きな木のひとつです。
 
Metasequoia leaves/ メタセコイアの葉
Metasequoia leaves are opposite phyllotaxis and fallen in autumn.
メタセコイアの葉は対生で、落葉する。
 

Metasequoia bark/メタセコイアの樹皮

スギ科の木だけあって、杉っぽい樹皮

 

Platanus

 Platanus trees / プラタナス(後ろは並木)

Last week, I went to Sinjuku-Gyoen to see Platanus. Platanus’s Japanese name is "suzukake no ki".

 I’ve known there are trees named "suzukake no ki". Japanese "suzu" means "bells", and "kake" means "hang". So "suzukake no ki" means "trees hanging bells". I’ve imaged fragile trees with very little leaves ,the leaves are hard, and they rustle like bells. But real Platanus trees differ my imagination.

Platanus’s leaves are bigger than my palm. In a line status their height are limitted. Even though, they are big. In nature they grow 30 metres high. In Sinjuku-Gyoen I saw a Platanus in nature status. It was very high, large, great and beautiful. Very magnificent.


先週、新宿御苑にプラタナスを見に行ってきました。プラタナスの和名は"鈴掛けの木"です。

"鈴掛けの木"という名前の木があることは知っていましたが、その語感から私は勝手に、擦れ合うとカサカサと音をたてる小さな葉っぱのきゃしゃな木を想像していました。(本来は「鈴のような実がなる」という意味みたいなので、想像以前に、意味を取り違えていたわけですが。。)でも、本物のプラタナスは想像と違っていました。葉は掌よりも大きく、並木になるように形が整えられていても大きな木でした。新宿御苑の一角にあった自然の形のプラタナスはまさに"巨木"。すてきでした。

Platanus bark/ プラタナスの樹皮(まだら模様)

 A platanus in nature / 自然の状態のプラタナス(巨大!)

 

 


Tree Watching

I decide to add a subject to my web log.
The subject is about trees.
 
I love looking up trees in fine days.
I love small light-green leaves, golden sun shine, and clear blue sky.
So, do I know many things about trees ?
The answer is "No".
Then, I start to learn trees.
I hope to tell trees name from their leaves, flowers, trunks and so on.
 
I refer to three books;
Two Japanese books and
”THE SECRET LIFE OF TREES" Colin Tudge (PENGUIN BOOKS).
One of Japanese books is translation from English.
The author is Allen J.Coombes.
But I don’t know original title.
 
Let’s start tree watching.
 


 
木についての話題をこのブログに追加しようと思う。
 
私は晴れた日に木を見上げるのが好きで、
小さな黄緑色の葉っぱや、日の光や、よく晴れた青い空は気持ちがいいと思う。
でも、だからといって、木についていろいろな知識があるかといえば、
そんなことはない。
と、いうわけで木について少しずつ覚えていこうと思う。
葉っぱとか花とか木の幹を見て、木を見分けられたらいいな。
 
参考書は、
うちにあった古い本
「身近な樹木ウォッチング」 淡交社
「完璧版 木の写真図鑑」 Allen J.Coombes 日本ヴォーグ社
と、最近読んでいる(読解中の)洋書
”THE SECRET LIFE OF TREES" Colin Tudge (PENGUIN BOOKS)
 
樹木観察、つづけられるといいな。